DEAR 開発教育協会

ABOUT

DEARについて

私たちは一人ひとりが社会問題を理解し、
共に生きることのできる公正な地球社会づくりに
参加することを目的として活動しています。

VISION

共に生きることのできる
公正で持続可能な
地球社会の実現をめざします

MISSION

「知り・考え・行動する」
地球市民を育みます

開発教育は、私たち一人ひとりが、開発をめぐるさまざまな問題を理解し、望ましい開発のあり方を考え、共に生きることのできる公正な地球社会づくりに参加することをねらいとした教育活動です。DEARは開発教育を広め・深め、「共に生きることのできる・公正な地球社会」をつくる人を育成します。

事業について

代表メッセージ

わたしが、世界を変えるチカラになる。

80億に迫る人々が暮らす地球社会は、貧困や飢餓、人権侵害や環境破壊、そして、民族対立や地域紛争などの地球規模の諸問題に今もなお直面しています。これらの喫緊かつ深刻な問題を早急に解決していくことが、わたしたち人類共通の課題となっています。

1960年代に欧米で生まれた開発教育の実践や研究が、日本で始まって40年余りになります。この間にDEARが首尾一貫して問い続けてきたことは「developmentとは何か」であり、「“開発”問題を学ぶことの意味や役割」であったと言えるでしょう。

自ら立てたこのような問いに対して、まだ十分に答えることができない中で、時代はまるでDEARを試すかのように、新たな問いを投げかけてきます。その問いとは、すなわち、9.11事件、金融危機、大震災、原発事故、そして、新型ウイルス、などの大きな問いです。

もちろんDEARがすべてを背負うことなどできません。しかし、こうした出来事も“開発”と無関係ではないとすれば、それらにも向きあいながら、議論や対話を通じて、代替案や選択肢をともに考えていきたいと思います。そうしたわたしたち一人ひとりの学びが、自らの問いに対する答えを生み、世界を変えるチカラとなっていくのだと考えています。

湯本 浩之

代表理事 湯本 浩之

大学卒業後、在中央アフリカ共和国日本大使館に在勤。帰国後、国際協力NGOセンター(JANIC)事務局次長、開発教育協会(DEAR)事務局長などを経て、現在は宇都宮大学教員。

団体概要

団体名

認定特定非営利活動法人 開発教育協会 (DEAR)
英語表記:Development Education Association and Resource Center
※認定NPO法人です:2018年(平成30年)3月16日から2023年(平成35年)3月15日(5か年)

設立年月日

国内設立年月 : 1982年12月1日
法人格取得年月 : 2003年3月1日(所轄庁:東京都)
認定法人格取得年月 : 2018年3月16日(所轄庁:東京都)

所在地

〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
TEL: 03-5844-3630 FAX: 03-3818-5940

代表者

湯本 浩之

会員

団体会員 38団体 (うち正会員21/賛助会員17)
個人会員 640名 (うち正会員413/賛助会員242(うち学生賛助会員20))

定款

定款(PDF:357KB)

ロゴについて

Dear

マークは、柔軟で楽しい未来の開発教育を表現している。楕円はグローバルな視野をもって物事をとらえる姿勢を、球体は地球をイメージし、ひとつひとつの文字は多様性を表し、未来の開発教育を自由な考え方をもってすすめるひとり一人である。
design by I.Fukuzawa+designFF