DEAR 開発教育協会

DEARについて tags

沿革・受賞歴 消費者教育教材資料表彰「優秀賞」受賞!

教材『服・ファッション』が2022年消費者教育教材資料表彰「優秀賞」を受賞ました

この3月に発行した教材『服・ファッション 開発教育アクティビティ集5』が、消費者教育教材資料表彰の「優秀賞」を受賞しました。この賞は、(公財)消費者教育支援センターが主催するもので、教育現場で役立つ優秀な教材を表彰することで、学校における消費者教育の充実・発展に寄与することを目的に実施されるものです。
※賞については(公財)消費者教育支援センターのウェブサイトをご覧ください。

沿革

1979年11月に日本で初めての「開発教育シンポジウム」が東京で開催されたことが契機となり、開発教育の普及推進に関心を寄せる個人や団体が参集。

1982年に日本で開発教育を普及・推進するための連絡協議体として、「開発教育協議会」が任意団体として発足。

1992年からは、毎年全国6箇所で「開発教育地域セミナー」を開催し、これをきっかけに地域でいくつもの開発教育のグループが生まれ、開発教育の「担い手」が育っていきました。

2000年からは総合的な学習の時間がはじまり、学校教育で開発教育を実践する機会が広がりました。

2002年には設立20周年をむかえ、組織の役割の変化から、名称も「開発教育協議会(DECJ)」から「開発教育協会(DEAR)」と変更。

2003年にNPO法人格として認証、2018年に認定NPO法人として認定されました。2022年12月に活動40周年を迎えます。

受賞歴

博報賞を受賞(2018年)
教材『写真で学ぼう!地球の食卓』で 消費者教育教材資料表彰「内閣特命担当大臣賞」 (2017年)