DEAR 開発教育協会

d-lab2020 tags # pickup

d-lab2020(第38回開発教育全国研究集会)情報更新中!

「ぬちどぅ宝」を育む学び

昔の人は言いました。巡り行くもの、また巡り還る、と。
だからあなたは、深ぶかと歌ってください。
のびやかに踊ってください。心をこめて生きてください。
たとえあなたが、傷ついていても傷ついたことなどないかのように
愛してください。

-『世界がもし100人の村だったら 総集編』(池田香代子+マガジンハウス編、2008年)の一節より-

沖縄はかつて国内最大の地上戦を経験し、多くの尊い命を失いました。戦後の復興の中で、傷つき傷つけあった経験を経て、自らの文化を守り継承しながら、「ぬちどぅ宝(命こそ宝)」を育んできました。上の一節は、歌い踊りながら再復興してきた沖縄の暮らしが表現されています。

コロナ禍で多くの人が傷つき、明るい未来を想像しがたい状況が続いています。私たちはこの経験から何を学ぶのか、公正で持続可能な社会をどのように創っていくのか、ここ・沖縄を通して「ぬちどぅ宝(命こそ宝)」 を考え、実践していく時間にしたいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしています

更新情報

日程(4日間)

2021年2月20日(土)-23日(火・祝)

チラシのダウンロードはこちらからどうぞ(PDF・1MB)

会場

オンライン(zoom利用)

  • 参加申込された方にzoomの情報をお知らせします。
  • 接続環境(インターネット)や機器(PC、ウェブカメラ、イヤホンマイクなど)は予めご用意ください。zoom参加が初めての方は、予めダウンロードをお願いします。→ https://zoom.us
  • 画面共有や配布資料がある場合もありますので、PCでの参加を推奨します。
  • プログラムには定員がありますので、必ずお一人1アカウントでご参加ください。

参加費(事前支払制)

*会員:開発教育協会(DEAR)または沖縄NGOセンター(ONC)の会員が対象です。学生会員の方は、「学生・高校生以下」の参加費となります。

一般会員*
(学生会員以外)
学生・高校生以下
3~4日間参加6,000円4,500円3,000円
2日間参加4,000円3,000円2,000円
1日参加2,000円1,500円1,000円

プログラム

  • zoom会場を2~3設けて実施します。
  • プログラムA~Fは事前予約制です。
  • 定員は、開会式・全体会は200名程度、ワークショップ・オンラインツアー・分科会は各回30名程度です。

1日目 (20日・土)▶ 詳細

10:00~12:00
オープニング
全体会
A開会式・オリエンテーション
オープニングパフォーマンス「沖縄の文化・言葉・自己決定」
全体会「ぬちどぅ宝」を育む学び
・伊是名 夏子(コラムニスト)
・根間 広人(沖縄ハンズオン)
・玉城 直美(ONC・沖縄キリスト教学院大学)
13:00~15:00
ワークショップ
3コマ並行
B(1) 「島くとぅば」体験ワークショップ
(2) 開発教育入門講座~パーム油のはなし
(3) 写真で学ぼう!地球の食卓
15:30~18:15
3コマ並行
自主ラウンドテーブル(4コマ)
実践事例・研究報告(4コマ)
19:00~20:30 交流会(自由参加)

2日目 (21日・日)▶ 詳細

10:00~12:00
ワークショップ
3コマ並行
(4) 「ひめゆり」から戦争体験を学び、伝えるために“私たち”ができること
(5) プラスチックごみ問題を考える
(6) スマホから考える世界・わたし・SDGs
13:00~17:10
3コマ並行
自主ラウンドテーブル(6コマ)
実践事例・研究報告(4コマ)

3日目 (22日・月)▶ 詳細

11:00~12:30
13:30~16:00
オンラインツアー
Dぬちぐすいまちまーいオンラインツアー

4日目 (23日・火)▶ 詳細

10:00~13:00
分科会
3コマ並行
E<第1分科会>世界のウチナーンチュ!
―移民教材から考えるアイデンティティ
<第2分科会>伊江島・土地闘争の非暴力の闘い方から
現代の私たちは何が学べるか
<第3分科会>SDGsに教育でどう取り組むのか?
気候変動を切り口に考える
14:00~17:00
分科会
3コマ並行

<第4分科会>多文化共生って何だろう?!
~ネパール人留学生と一緒に考える~
<第5分科会>沖縄の自然と観光開発
~ヤンバルの森を歩いてみよう!~
<第6分科会>地域ですすめるSDGs
~沖縄、北海道、関西から
17:15~18:30
ふりかえり会・閉会式
4日間学びや気づきを参加者同士で共有します。
ネットワークづくりにもお役立てください。

参加申込

事前のお申込みをお願いします。
お申し込み後、参加費のお支払いいただくと正式なお申込受付となります。
※ 各プログラムは定員に達し次第締め切ります。

手続き詳細・お申込みはこちらのページからどうぞ

主催者

主催

助成

(一財)日本国際協力システム

後援

文部科学省、外務省、環境省、消費者庁、国際協力機構、国連広報センター、ESD活動支援センター、沖縄県教育委員会、沖縄タイムス社、琉球新報社、SDGs 市民社会ネットワーク、関西NGO協議会、国際協力NGOセンター、自治体国際化協会、青年海外協力協会(JOCA沖縄)、ユネスコ・アジア文化センター

協賛

株式会社国際旅行社

d-labのdには…

diversity(多様性)を尊重したdialogue(対話)
deep learning(深い学び)を通して
dream(夢・次への一歩)discover(発見)
Sustainable Development(持続可能な社会)を目指して
DEARと一緒に、do(実践・行動)しよう!
という意味を込めています。