DEAR 開発教育協会

イベント・セミナー tags

受付終了! Girls Unlimited Program 2019 ジブンの未来を切り拓くワークショップ

応募受付は終了しました。たくさんのお問合せ・ご応募をありがとうございます!(7月23日)

選考結果は、8月下旬頃にDEARよりメールで通知予定です。

アメリカ大使館×DEAR共催の女の子のためのプログラム

Girls Unlimited Program (ガールズ・アンリミテッド・プログラム)は、中高校生が、自分自身を知り、夢やゴールを見出し、ジブンなりのリーダーシップを身につけることができるようになることを応援する全4回のプログラムです。

★ Point 1 ★

ワークショップを通して、参加者のガールズやアメリカ留学経験などのある先輩たち(アメリカ国務省人物交流プログラムの参加者)と話し合います。

★ Point 2 ★

ジブンの未来を切り拓いてきた先輩たちに、どんなティーンエイジャーだったのか、どんなことに関心があったのか、直接お話を聞くことができます!

★ Point 3 ★

リーダーシップを身につけるチャンス!
多様な生き方、考え方に触れ、自分なりの夢や進路を描くヒントを得ることができます。

第2回目のゲストは宇宙飛行士の山崎直子さん!

新しいことにチャレンジしたい!
留学経験のある社会人の話を聞いてみたい!
自分の夢を大きくふくらませたい!
新しい友だち、先輩たちと出会いたい!

そんなガールズ(中高生)たちを募集します。

★フライヤーはこちら★

A4サイズ裏表(1.7MB)です。ダウンロードしてご利用ください。

概要

★ 対象 ★

  • 12歳~18歳の女子(自認)の中学生&高校生
  • プログラム全4回に全て参加できる方(プログラム日程と重なった場合は学校行事などを優先してください )
  • E-mailで連絡がとれる方(応募用紙の提出や選考結果の連絡、各回の事前事後連絡はE-mailで行います)

★ 定員 ★

35名

★ 使用言語 ★

日本語

★ 参加費 ★

参加費は無料(会場までの交通費は自己負担です)

★ 会場 ★

聖心グローバルプラザ
(東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館)
日比谷線「広尾」駅4番出口より徒歩1分
https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

グループワーク中心で、参加者の女の子たちやメンター(社会人)とたくさんお話しできます。自分と違う考え方、経験、価値観に触れて、世界が広がる!

スケジュール(全4回)

★ 各回ともに18:30~20:30に開催 ★

日程は場合によって変更の可能性もございます。何卒ご了承ください。
プログらの基本形態は「講演+ワークショップ」です。

★ 第1回 9月10日(火) Kick off!! session ★

参加者同士が仲良くなれる楽しいキック・オフ・セッションを開催します。一緒にプログラムに参加するガールズのことや、アメリカ留学経験などのある先輩たち(アメリカ国務省人物交流プログラムの参加者)のことを知り、自分のことも知ってもらいましょう。

★ 第2回 10月2日(水) Discover yourself ★

キーワードは、ディスカバー(探索)。山崎直子さん(宇宙飛行士)をゲストに迎えます。山崎さんはどんな中高生時代を送ったのか、宇宙に行く夢を叶えるためにどんな選択や努力をしてきたのか、そして、今の夢は?山崎さんのお話しから、自分の可能性を発見するヒントを探ってみよう!

★ 第3回 11月13日(水) Have a broader view ★

キーワードは、広い視野を持つこと。多様なキャリアを持つアメリカ留学経験などのある先輩たち(アメリカ国務省人物交流プログラムの参加者)のお話を聞き、グローバルな世界の「広さ」だけでなく、心や頭の中の「広さ」についても考えて、質問してみよう。

★ 第4回 12月18日(水) Closing session ★

参加者全員で全4回のプログラムをふりかえる、クロージング・セッションです。

グループワーク中心で、参加者の女の子たちやメンター(社会人)とたくさんお話しできます。自分と違う考え方、経験、価値観に触れて、世界が広がる!

主催者

★ 共催 ★

アメリカ大使館
認定NPO法人開発教育協会(DEAR)

★ モデレーター ★

並木有希さん
東京都出身。国際基督教大学高校在学中にAFS年間留学プログラムでイタリア留学。東京大学教養学部(米地域文化研究)卒業、東京大学大学院人文社会科学研究科博士課程(英語英米文学)進学。2002年より、フルブライト奨学金大学院留学プログラムでニューヨーク市立大学大学院英文科博士課程に留学、米文学におけるニューヨークの都市表象の変遷の研究で博士号取得。現在、東京家政大学人文学部英語コミュニケーション学科准教授、東京家政大学女性未来研究所副所長。

★ プログラム実施団体 ★

認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)
開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための教育活動です。開発教育協会(DEAR)は、国際協力NGOや国連関係団体、市民グループなどの団体と教員など個人で構成される、民間の教育団体です。開発教育と呼ばれる、国際理解や国際協力をテーマとした教育活動や参加型学習の普及・推進を行っています。2017年12月には、設立35周年を迎えました。本プログラムでは、アメリカやイギリス、東南アジアの国々で学んだり働いたりしたことのある女性スタッフたちが、ワークショップの進行を担当します。

昨年の参加者の声

昨年のプログラムの様子をブログに掲載しています!

GUP2018参加ガールズの感想をご紹介します!

★ GUPから学んだことは? ★

  • 様々な価値観と人の意見を尊重する大切さ。
  • 「自ら話すんだ」という気持ちを常に持つことができた。
  • 選択肢を広げることができました。
  • 考えが早くまとまるようになった。
  • 自分を好きになることの大切さ。
  • 自分の良いところを知って自身がついた。
  • みんな夢や目標に向かって一生懸命努力していて刺激を受けた。
  • 今後困難を乗り越えられそう。
  • 人と「しっかり話す」ことを学べた。
  • 経験は自信につながることを学んだ。
  • ひとつの物ごとに対していろいろな意見を持てるようになりました。

★ リーダーシップってどんなことだと思った? ★

  • ただ人を引っ張っていくことがリーダーであるのではない。
  • 相手の意見や感情を大切にしながら引っ張っていくこと。
  • 難しいものだと思っていたが違った。
  • リーダーだけ頑張るのではなくて、みんなで頑張るという事を学んだ。
  • スキルだけでなくメンタル面も大切!

参加応募・選考方法

Girls Unlimited Program 2019では、参加者の選考を行います。応募方法は以下の通りです。

7月22日(月)23:59締切です

  1. このウェブサイトまたはアメリカ大使館のウェブサイトに掲載の募集要項をお読みいただき、申込フォームより応募用紙と課題エッセイのフォーマットを取り寄せてください。申込フォームに記入いただいたメールアドレス宛にお送りします。
  2. 応募用紙および課題エッセイ(800字以下×2件・日本語・MS Word)をご用意ください。
  3. 応募用紙および課題エッセイを2019年7月22日(月)23:59までに所定の方法で提出してください(締切厳守)。
  4. 選考結果は、8月下旬頃にDEARよりメールで通知予定です。

お問い合わせ

プログラムに関するお問い合わせは開発教育協会(DEAR)までどうぞ。
担当:伊藤・中村・八木
TEL: 03-5844-3630(平日10時~18時)
E-mail: gup2019@dear.or.jp

※8月4日(土)・5日(日)は主催イベント、6日(月)~12日(月・祝)は夏期休暇のため、この間、お問合せには対応いたしかねます。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。