DEAR 開発教育協会

イベント・セミナー tags # pickup

9月の「開発教育入門講座」 参加者募集

毎月1回・22日頃に開催-初心者歓迎!

ワークショップとふり返りを通して「開発教育」をわかりやすくご紹介する講座です。ワークショップを体験後、参加者の皆さんとふり返りをしながら、「開発教育」ってなに?何を目指しているの?日本では、世界では、どんな活動が行われているの?といった事柄もお話します。

また、年4回、DEARの教材から人気のあるものを選び、その教材を体験しながらの入門講座”特別編”を開催しております。普段の入門講座とは違う教材を使いますので、過去に入門講座に参加した方にもお勧めです。

開発教育の知識や経験はまったくなくてもOKです。 学生、NGOスタッフ・ボランティア、学校教員、開発関係者など、様々な方が参加しています。開発教育を知りたい方、実践したい方、DEARの活動に参加してみたい方、アクティブラーニングや参加型学習に関心のある方など、まずはお気軽に入門講座におこしください!
※入門講座はDEARの会員・ボランティアからなるタスクチームが運営しています。

開発教育入門講座

2019年度の開催日時

「特別編」を除き毎回同じ内容で実施します

2019年

  • 4月22日(月)/広尾/19時~21時/通常の入門講座
  • 5月22日(水) /広尾/19時~21時/通常の入門講座
  • 6月22日(土)/広尾/14時~16時/特別編「難民
  • 7月22日(月)/横浜/18時半~20時半 /特別編「豊かさと開発-Development for the Future
  • 8月3日(土)/市ヶ谷/午前/「d-lab2019」のプログラムとして開催します
  • 9月19日(木)/広尾/19時~21時/通常の入門講座  ※参加者募集中
  • 10月25日(金)/広尾/19時~21時/特別編「スマホから考える世界・わたし・SDGs
  • 11月22日(金)/広尾/19時~21時/通常の入門講座
  • 12月18日(水) /広尾/19時~21時/通常の入門講座

2020年

  • 1月22日(水)/広尾/19時~21時 /通常の入門講座
  • 2月18日(火) /広尾/19時~21時 / 特別編「世界がもし100人の村だったら
  • 3月/東京都内(予定)/午前/「教材体験フェスタ2020」のプログラムとして開催します
開発教育入門講座

会場

いつもの会場

聖心グローバルプラザ1階 BE*hive(東京都渋谷区広尾4-3-1)
広尾駅4番出口下車徒歩1分・地図
※7、8、3月は別会場で実施します。

7月の会場

横浜中央YMCA 6階606会議室
(横浜市中区常盤町1-7)
JR・市営地下鉄関内駅徒歩3分・みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分
https://www.yokohamaymca.org/facility/yokohama-chuo_ymca/

参加費

DEAR会員無料(何回でも可)、学生500 円、一般1000 円

対象者

開発教育を知りたい・実践したい方、国際協力に関心のある方、アクティブラーニングや参加型学習に関心のある方、DEARの活動に参加してみたい方など。

定員

先着30名 ※要予約

お申込み

主催・お申込み・お問い合わせ

NPO法人 開発教育協会(DEAR)
事前にお申込みをお願いします。
参加希望の方は以下の申込みフォームをご利用いただくか、お電話、FAXにてお申込みください。
TEL: 03-5844-3630(平日10:00~18:00)

ちらし・FAX申込書(通年)

後援

聖心女子大学グローバル共生研究所

入門講座Q&A

開発教育入門講座

Q.どんな人が参加していますか?

A.高校生、大学生、教員志望の学生さん、会社員、NPO/NGOのスタッフやボランティア、インターン、教員など、様々な方が年間延べ220名参加しています。1人でお申し込みされる方がほとんどです。みなさん初対面ですが、講座の前に自己紹介やアイスブレーキングをして、初めての方が参加しやすいように心がけています。これまでの入門講座の様子はスタッフ・ブログでご報告しています。
2009年6月開催分 (スタッフブログのレポートを開きます)
2009年7月開催分 (スタッフブログのレポートを開きます)
2009年9月開催分/特別編 (スタッフブログのレポートを開きます)

Q.何か準備や持ち物はありますか?

A.特に必要ありません。筆記用具のみお持ちください。

Q.申し込みは必ずした方がいいですか?

A.はい。ほとんどの回で開催日前に定員いっぱいになり、事前申し込みを終了しています。

Q.参加者の声は?

A.2017年度のアンケートによると、参加者の84%が「満足」、16%が「やや満足」と回答しています。ほか、寄せられた感想の一部をご紹介します。
「『参加型学習』の重要性を知った。意見を言い合うことで学びが深まるのを実感」
「このような心に訴えるファシリテーションを自分でもやってみたい」
「ワークショップの良さや進め方について知ることができた」
「子どもに対してこういったワークショップができるようになりたい!」