DEAR 開発教育協会

english site

mini 教材体験フェスタ・実施レポート

全国より約100名の参加者が集い、賑やかな1日となりました。
参加費+ご寄付額を選んでいただくチャリティ形式で実施。実は初の試みで、事務局もドキドキしていたのですが、8割近くの方が協力してくださり、寄付額は合計133,000円となりました。また、嬉しいことに、会場でも4名の方より6,000円のご寄付をいただきました。

また、会場では、グローバルな貧困・格差、不平等、気候変動を解決するためのキャンペーン「action/2015(アクション2015)」の、アドボカシー・フォトの撮影会も行い、こちらには20名近くの方がご参加くださいました。
ご協力くださった皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございます!

参加者はどんな人?

どこから参加? 参加者はどんな人?

←フェスタのページへ戻る | ↑ページトップへ戻る

アンケートから‥ワークショップについて

アンケートから‥ワークショップについて

1コマ目「世界がもし100人の村だったら」

  • 実際にグループに分かれて集まったり、手を挙げたり、数値を視覚化したのが分かりやすかった。
  • 役割カードで、世界の状況を実感できた。クッキーの配分では、目に見える形で格差を捉えられた。
  • ファシリテーションの仕方を勉強できた。
  • 自分自身で、もっと中身を掘り起してやりたいと思う。

1コマ目「子どもとできる創造的な対立解決」

  • 表面だけでなく、行動の根底について考えることの大切さがわかった。
  • 自分を振り返る場面、相手の思い(ニーズ)を考える場面を日常生活の中に組み入れるよう努力したい。
  • 小さなネタやアイデアがたくさん見つかった。
  • 小学校の学級開きや道徳の授業の際に活用したい。

2コマ目「援助する前に考えよう」

  • 援助・支援が、援助する側の独りよがりにならないことを再確認できました。
  • 周りの人の意見が参考になり、自分の考えを言える雰囲気だったので発言することができた。
  • 少し難しいテーマだが、援助とは何かを考えることの一歩になりとてもよかった。
  • 中学校の50分間の授業でできるように工夫したい。

2コマ目「水から広がる学び」

  • 知らないことばかりで、とても新鮮だった。
  • 実際に飲み比べて面白かったです。成分について調べて、興味深かったです。
  • 今までミネラルウォーターについていろいろ考えたことがなかった。
  • 子どもたちに考えさせたい内容なので、取り組んでみようと思います。

3コマ目「新・貿易ゲーム」

  • 国によって資源や技術や国づくりの方向性など、ゲーム中には分からないことが、終わってみるといろいろ分かった。
  • 貿易ゲームという一つのアクティビティから、本当に様々な課題を感じることができました。
  • これが実際の国の貿易のやり方なんだなと思った。
  • 授業で活用したいと思います。

3コマ目「コーヒーカップの向こう側」

  • コーヒーは普段よく飲むので関心が向きやすかった。
  • 初めてでしたので、参加型で考えどうしたらいいのか悩み協力することの大切さを学んだ。
  • 写真等を使用していて、とてもわかりやすかった。
  • 構造的不平等を知る上で、コーヒー以外の作物などでも実践してみたいと思った。

←フェスタのページへ戻る | ↑ページトップへ戻る

アンケートから‥フェスタの全体の流れや内容について

アンケートから‥フェスタの全体の流れや内容について

書籍販売・開発教育Q&Aコーナーについて

  • とても参考になる書籍が多く良かった。
  • 手にとってたくさんの教材が見ることができて良かったです。
  • 書籍を買う時に説明いただきありがとうございました。

企画・進行について

  • グループワークの時間が長く、いろいろな人の意見を聞けて理解や興味が深まりました。
  • 非常に勉強になりました。もう一度教材をじっくり読んで勉強したいと思います。ディスカッションを通して教材の進め方など相談できて良かったです。
  • 地方からでも来ることができありがたいです。いろいろな流れ、表示、わかりやすく時間にもゆとりがありました。
  • 話しやすい雰囲気づくりができていて、気持ち良く参加できました。
  • 一度に3つのワークショップに参加できるところが良かった。
  • 今回は教員だけではなく様々な職種の方が集まっていてとても面白かった。
  • 初めて体験するものばかりだったが、教材を使うことで学びやすさが増すことを体感できた。
  • 開発教育や市民教育について知りたかったのでとても満足です。

その他のご意見・ご感想

  • 学習のプロセスである「1.気づく・知る、2.考える、3.行動する」のステップをしっかり覚えて、今後に生かしたい。ファシリテーターの役割ややり方等についてもっと知りたい。
  • 実際にやってみようと思った。今後は参加者ではなく、ファシリテーターとして。
  • 内容はもちろんのこと、こういう場所で普段関わることのない方々と話ができて、勉強になった。
  • 次回は娘を誘って参加したい。いろいろな活動をしている人にも出会えたことも良かった。
  • ファシリテーターのすすめ方によって全然印象が変わるのだなと思った。3つ連続で受けられて良かった。また機会があれば参加したい。
  • 体験しながら学びの手法を学べて、とても楽しい。ありがとうございました。これからも参加し続けたいと考えている。

←フェスタのページへ戻る | ↑ページトップへ戻る

写真レポート

昨日、28日(土)開催の「mini教材体験フェスタ」には、全国から約100名の参加者が集い、楽しく学び多い一日となりました。ご参加くださった皆さま、講師・ボランティアの皆さま、ありがとうございました!また、会場でのご寄付の呼びかけににご協力...

Posted by 開発教育協会(dear) on 2015年3月29日

←フェスタのページへ戻る | ↑ページトップへ戻る

Thank you!‥ボランティアの皆さん

Thank you!‥ボランティアの皆さん

今回も、20名程のボランティアの方々にご協力いただきました(写真は打ち上げの様子です)。
大きなイベント時にリピートして参加してくださるボランティアの方が多く、安心して運営ができました。また、日常の事務局ボランティアをしていた3人が、このフェスタを機に卒業。4月から新生活をスタートしました。

みんな、どうもありがとう!

←フェスタのページへ戻る | ↑ページトップへ戻る