DEAR 開発教育協会

english site

東京 2013年3月30日(土)
シネマ×ワークショップ
『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』体験ワークショップ×映画『100,000年後の安全』上映会

当日参加も可能です。直接、受付へお越しください。
シネマ×ワークショップ

DEARは昨年12月に教材『もっと話そう!エネルギーと原発のこと~参加型で学び合う16の方法』を 発行しました。この教材は、エネルギー政策や原発の賛否を問うのではなく、一人ひとりが未来の社会を つくる当事者として、まずは知ること、そして、安全に話し合う場をつくることを目的にしたものです。

この教材の発行を記念して、体験ワークショップと、放射性廃棄物の処分をめぐるドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』の上映会を企画しました。ワークショップだけでも、映画だけのご参加も可能です。 開発教育や教育に関わる方だけでなく、関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。

日 時 2013年3月30日(土)13:00~18:00(12:30受付開始)
会 場 ガールスカウト会館(東京都渋谷区西原1-40-3/地図
京王新線幡ヶ谷駅、小田急線代々木上原駅、小田急線代々木八幡駅下車徒歩10~15分
対 象 関心のある方であればどなたでもご参加いただけます(特に教員・教育関係者・学生におすすめ)
定 員 ワークショップ50名、映画上映80名(定員に達し次第〆切ます)
参加費 全プログラム参加:一般2,000円、DEAR会員1,500円
ワークショップのみ:一般1,000円、DEAR会員500円
映画のみ:一般/DEAR会員1,000円
プログラム ワークショップのみ、映画上映のみのご参加も歓迎します
13:00~15:00 『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』体験ワークショップ
15:00~15:20 休憩
15:20~16:50 映画『100,000年後の安全』上映会
16:50~17:20 意見交換
17:20~18:00 まとめ
※会場では、開発教育協会発行の教材や書籍の販売もいたします。
※映画のみ参加の方は15:00~受付を開始します。上映開始後(15:20~)の入場はご遠慮ください。
ちらし こちらからダウンロードしてご利用ください
協力 (特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク
主催・お申込み (特活)開発教育協会/DEAR
事前申込は終了しました。当日参加も可能ですので、直接受付へお越しください。
Tel: 03-5844-3630(平日10時~18時) Fax: 03-3818-5940

教材『もっと話そう!エネルギーと原発のこと‐参加型で学び合うための16の方法』

2011年3月の福島第一原発事故を受けて作成された教材です。教室や市民による学びの場で活用できる16の参加型学習のプログラムと、中学・高校、大学、教員研修での5つの実践事例を収めています。原発停止をめぐる様々な意見を読み比べたり、新聞記事を読んで自分の気持ちを話し合ったり、あるいは、身近なテクノロジーの利用について規制が必要かどうかを議論する16の教案が収められています。(対象:小学校高学年~大人まで)

開発教育協会発行(2012.12、A4判76頁)
一般価格:1,800円
※イベント参加者には当日、特別価格1,500円で販売します!ぜひ、この機会にお求めください。


ドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』

フィンランドのオルキルオトでは世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場「オンカロ」の建設が決定し、地下都市のようなその巨大システムは、10万年間保持されるように設計されるという。10万年後、そこに暮らす人々に、危険性を確実に警告できる方法はあるだろうか。彼らはそれを私たちの時代の遺跡や墓、宝物が隠されている場所だと思うかもしれない。そもそも、未来の彼らは私たちの言語や記号を理解するのだろうか‥。

(2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/英語/カラー/16:9/ビデオ)
監督・脚本:マイケル・マドセン
公式ホームページ


イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る