DEAR 開発教育協会

english site

東京 2012年12月8日(土)
開発教育協会30周年記念フォーラム
わたしが、世界を変えるチカラになる。~池澤夏樹さんと共に~

おかげさまで無事終了しました。実施レポートはこちらのページをご覧ください。

開発教育協会30周年記念フォーラム
開発教育協会30周年記念フォーラム

開発教育協会(DEAR)は今年12月、設立30周年を迎えます。

開発教育はもともと、"南"の国々(開発途上国)と"北"の国々(日本も含めた先進国)の間にある植民地主義や 経済の不公正、格差などを問題視し扱ってきましたが、近年では、足元の課題(日本の先住民族やマイノリティ、 原子力発電、基地問題、地域づくり)にも取り組んでいます。

これまでの「開発」の問題点を指摘しつつ、未来に向けてどのような方向への転換が必要なのか‥。
フォーラムでは作家の池澤夏樹さんをお迎えし、参加者の皆さまとこれからの持続可能な社会づくりと、 教育の可能性について語り合いましょう。

どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。

日 時 2012年12月8日(土)
フォーラム 14:00~17:30/パーティ 18:00~20:00
会 場 上智大学四ツ谷キャンパス12号館(四ツ谷駅徒歩5分)
※パーティは同大2号館5階カフェテリア
(地下鉄またはJR中央線「四ツ谷」駅下車徒歩5分→地図
対 象 教員、教育関係者、学生、NGO職員ほか、テーマに関心のある方はどなたでもどうぞ。
定 員 200名
参加費 フォーラム 一般¥1,000/大学生¥500/高校生以下無料
パーティ  一般¥3,000/大学生¥2,000/高校生以下¥1,000
※当日会場でお支払いください

30周年募金付の特別チケットもご用意しました!
フォーラム¥5,000(寄付¥4,000込み)/パーティ¥5,000(寄付¥2,000込み)
※「ありがとうプレゼント」として布製地球型ボール「ハグ・ア・プラネット」をおひとつプレゼント!
フォーラム
1.オープニング・ミュージカル(協力:コモンビート
2.オリエンテーション
3.リレートーク「これまでの30年・これからの30年」
 出演:
 ・田中治彦さん(上智大学/会員歴29年/1983年より)
 ・宮順子さん(岩手県国際交流協会/会員歴20年/1992年より)
 ・我如古香奈子さん(沖縄県立高校教員/会員歴8年/2004年より)
 ・伊藤令華さん(大学生/2011年よりDEARインターン)
 司会:
 ・中村絵乃(DEAR事務局長/会員歴16年/1996年より)
4.記念講演会/池澤夏樹さん「本当に持続は可能なのか?~文明の根源的な条件を考える」
5.グループ討議・質疑
※会場では、DEARの教材や書籍の販売も行います。
パーティ お料理とドリンクをご用意します。クイズなど楽しい交流プログラムも予定しています。
ちらし こちらからダウンロードしてご利用ください(7.74MB)
共催 上智大学学内共同研究・多文化共生社会におけるESD・市民教育の可能性
主催・お申込み (特活)開発教育協会/DEAR
事前申込は終了しました。参加希望の方は当日受付までお越しください。2012-12-5
Tel: 03-5844-3630(平日10時~18時) Fax: 03-3818-5940
池澤夏樹さん

<特別ゲスト> 池澤夏樹さんプロフィール

作家。1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。
以後、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年に『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』、『花を運ぶ妹』、『静かな大地』、『カデナ』など。 文明を考える試みとして『楽しい終末』、『パレオマニア』などがある。 2011年3月11日の震災の全体像を描くべく長篇エッセー『春を恨んだりはしない』を半年後の9月11日に刊行。
・公式サイト: 「Cafe impala」ページを開きます
・池澤夏樹さんの著作: Amazon.comのページを開きます

ミュージカルスタッフ募集! オープニングを一緒につくりあげよう

DEAR30周年記念フォーラムのオープニングミュージカルを、ワークショップを通してつくりあげる仲間を募集しています。 8月の開発教育全国研究集会の分科会で、参加した人/作品を見た人ともに大好評だった「ミュージカルをつくろう♪」を担当したNPO法人コモンビートの韓朱仙さんのもと、開発教育のメッセージを込めた舞台を一緒に創り上げましょう。

対象

・開発教育に関心がある人
・開発教育の学びを体をつかって表現したい人
・演劇やミュージカルを参加型でつくることに興味がある人
※歌や踊りが苦手な人でもだいじょうぶです(歌わない役・踊らない役OK)

練習日程

11月の平日夜に2~3回ワークショップ&稽古を行います。

申込方法

E-mailでmiyazaki#dear.or.jp(担当:宮崎/#を@に変更)まで「ミュージカル参加希望」とのタイトルでメールをお 送りください。練習日程の詳細が決まり次第、こちらからご連絡いたします。
※12/8のフォーラムに参加できる人を優先しますが、参加できない方もご相談に応じます。

おまけ 30周年なつかしアーカイブ

クリックして拡大

DEARの前身である開発教育協議会(DECJ)発足のきっかけとなったのが、1979年11月に朝日講堂(東京)で開催された「開発教育シンポジウム」です。シンポジム前日の朝日新聞(1979年11月28日夕刊)に武者小路公秀さん(当時:国連大学副学長)が寄せた論壇をご紹介します。

(抜粋)
「開発教育シンポジウム」が、国連広報センター、国連大学などの主催で、二十九日夕、東京・有楽町の朝日講堂で開かれる。この「開発教育」という言葉は、おそらく読者にとって耳なれないものであろう。しかし最近、平和教育や国際理解教育などとともに、開発のための教育が、さまざまな国際機関や民間団体によってとりあげられているので、近いうちに日本でも開発教育に対する関心が高まるに違いない。(中略)開発教育が、真の意味で人間が人間らしい生活のできる社会づくりの基盤であるべきだと考えるならば、日本のような先進工業国と第三世界の発展途上国との間には、形こそ異なれ共通の悩みがあり、これを解決するためにはお互いに相手の経験に学ぶ必要がでてくるだろう。開発教育とは、このような先進国と発展途上国の相互学習という形をとるものと思われる。(以下略)

こちらもよろしく! 30周年記念募金にご協力ください

30周年記念募金のページを開く


イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る