DEAR 開発教育協会

english site

東京 2012年1月28日(土)、2月11日(土)
エネルギー勉強会連続セミナー 原発とわたしたち

※事前申込は終了しました。当日参加も可能です。参加希望の方は、会場まで直接お越しください。(2012-2-10)

原発に関心があるけれど、これまで情報を得るチャンスがなかった方々、是非を考 える前に基本的なことを知りたいという方々にお勧めの連続セミナーです。

原発、そもそもどこから?そしてどこへ? マスコミがあまり報道をしない、原発の燃料をめぐる問題と状況、そして日本が原発を海 外に輸出し始めていることに焦点を当てて学びます。原発の問題は、日本国内だけ を見ていても解決しません。原発問題を広い視野をもって考えてみませんか。

→ ちらしのダウンロードはこちらからどうぞ

第1回 2012年1月28日(土)
原発、そもそもどこから?そしてどこへ? ※終了
-マスコミが報道しない、原発のフシギ。-

3 月に起きた福島第一原子力発電所の事故以来、原発の安全性についてはいろいろなところで議論されてきました。その中でも、 原発事故による被害や事故発生の可能性は多くのマスコミも取り上げていますが、そもそも原発の燃料はどこから来て、使用後は どこに行っているのでしょうか。発電前後の過程は安全なのでしょうか。
この講座では、原発の燃料とそれが使用後にどうなっているのかを、映像を使いながらわかりやすくひもときます。「原発に関 心はあるけれど、よくわからないんです」という方、オススメです。

細川弘明さん
  • 日時:2012年1月28日(土)13:00~17:00
  • 会場:日本大学法学部三崎町キャンパス2号館221教室
    (東京都千代田区三崎町2-3-1/地図
  • 最寄り駅:JR・地下鉄「水道橋」、地下鉄「神保町」
  • 参加費:無料(寄付歓迎)
  • 定員:100名(先着順・要事前申込)
  • プログラム:2つの映像をみながら、京都精華大学の細川弘明先生がわかりやすく解説されます。(使用映像「ハード・レイン」、「原発、ほんまかいな?」共にアジア太平洋資料センター制作)

▼講師プロフィール:細川弘明さん

オーストラリア先住民族の土地権運動や環境知識について研究。 映画『ジャビルカ』日本語版、「原発、ほんまかいな?」も監修。福島市での活動を中心とした「放射能除染・回復プロジェクト」 にも参加。

原発、ほんまかいな? ▼映画:『原発、ほんまかいな?』

福島第一原発事故から半年。
ウラン鉱山開発から核燃料サイクル、放射線の影響、原発労働、事故の影響まで、いま原発を考えるための情報が満載!“推進の 理由”に、専門家とともに徹底的にツッコミをいれる“原発”ドラマ。(PARC、2011年)

▼映画:『ハード・レイン~パンドラの箱から降り注ぐ放射能』

ハード・レイン オーストラリアで、「温暖化対策」として原発の新設が検討され 始めた。「チェルノブイリからはもう何十年も経っている。先入観 に縛られず、議論を進めよう」と政治家たちが喧伝する中、「本当 の情報」を求めて、監督デビッド・ブラッドベリは、ふるさとオー ストラリアをはじめ、フランス、イギリス、中国、日本( 広島・福井) の5 カ国をめぐる旅に出た。放射能の害は誰でも知ってるはずな のに、それでもなお私たちは原子力を使い続けるのか..?  福島をはじめとして、日本の原発でも使われてきたオーストラ リア産ウラン。その産出現場やウラン鉱山をめぐる圧巻の映像と 情報量。巨匠ブラッドベリが放つ、渾身のドキュメンタリー。(Frontline Films、2007年/日本語版 PARC、2011年)

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る

第2回 2012年2月11日(土)
差し上げます、「便利」と「安全」(危険と不安のおま け付き)
-オールジャパンで原発輸出-

今、日本は原子力発電所の輸出を始めようとしています。まずは、ベトナムとヨルダン。日本での原発の新規建設や再稼働は議 論になっていますが、海外であれば大丈夫なのでしょうか。この講座では、なぜ日本が原発を輸出することになったのか、そして 輸出が予定されている国の状況などについて学びます。

  • 日時:2012年2月11日(土)13:00~17:00
  • 会場:早稲田奉仕園リバティホール(東京都新宿区西早稲田2-3-1/地図
  • 最寄り駅:地下鉄「早稲田」または「西早稲田」
  • 参加費:無料(寄付歓迎)
  • 定員:80名(先着順・要事前申込)
  • 講師:田辺有輝、満田夏花

▼講師プロフィール:田辺有輝(「環境・持続社会」研究センター/JACSES

1998 年より国際青年環境NGO、A SEED JAPANの理事、2003年 よりJACSESの理事及び持続可能な開発と援助プログラム・コー ディネーター。2004年よりマニラに本部を置く国際NGO、NGO Forum on ADBの国際運営委員。

▼講師プロフィール:満田夏花(FoE Japan

国際環境NGO FoE Japan理事。メコン・ウォッチ、政策担当。 一 橋大学非常勤講師。地球・人間環境フォーラムにおいて「開発途 上国における企業の社会 的責任」、「国際金融機関の環境社会配慮」 などの分野 での調査・政策提言活動を行ってきた。2009年7月 から 現職。3.11 後、原発・エネルギー担当として、福島の被ばく 最小化の問題に取り組む。

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る

主催・お申込み

ちらしはこちら(PDF)

共催

(特活)アジア太平洋資料センター(PARC)、(特活)APLA、
(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク、(特活)開発教育協会(DEAR)
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、(特活)メコン・ウォッチ

協力

(特活)FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、日本大学法学部佐渡友ゼミ

申込先

(特活)開発教育協会/DEAR
※事前申込は終了しました。当日参加も可能です。参加希望の方は、会場まで直接お越しください。(2012-2-10)

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る