DEAR 開発教育協会

english site

ご寄付の受付は終了しました。ご協力くださった皆さん、ありがとうございます。

138人の方から1,074,000円(目標の89.5%)のご寄付をいただきました。

「水」をテーマにした新教材を一緒につくりましょう

3月末までに120万円を目標に「水教材募金」を実施し、おかげさまで、138名の方から1,074,000円のご寄付をいただきました。また、この教材を普及するための助成金も4月以降に決定し、ほぼ目標を達成することができました。みなさまのご支援に心より感謝申し上げます。

5,000円以上ご寄付していただいた方には、4月末に教材をお送りいたします。もうしばらくお待ちください。

また、お金でのご寄付は終了しましたが「本やDVDのご寄付で‥水教材発行を応援するプロジェクト」は、引き続き実施しております。本やCD、DVD、ゲームなどをご寄付いただくと、その買取相当額が教材作成費に充てられる仕組みです。ぜひ、ご協力をお願いします。

教材の内容~冊子(約90ページ)+CD(写真データ30~40枚)

生命の源である“水” ですが、水不足や水をめぐる争いは世界各地でより深刻になってきており、「21 世紀は 水の世紀である」とも言われています。世界における水をめぐる問題は、エネルギーを大量に消費し、食べ物の 多くを外国に頼る私たちの生活とも深く関わっています。また、水源林の荒廃やダム開発、水道事業の管理・運営 など、身近な環境や暮らしに直結する問題も多くあります。

本教材は、それらの問題を知り・理解するとともに、世界/地域の水資源を持続可能かつ公正に利用していく ためにはどうすればよいかを、周りの人たちと共に考えていくための学習教材です。

現在、各地で作成中のアクティビティを実施しています 現在、各地で作成中のアクティビティを実施しています

アクティビティ編(予定)

▼第一部~広く学ぶ
水のいろいろ
・世界の水なぞなぞ&格言
・地球上の水の割合
・水の循環
・分野別使用量、など
世界の水事情
世界各地の水事情(地下水の枯渇・河川の汚染・水へのアクセスなど)に関する写真と、そこに住む人々の言葉を紹介。
▼第二部~深く考える
表紙イメージ 各テーマを議論し考えるためのロールプレイやシミュレーションを紹介。
①バーチャル・ウォーター
②メコン河の恵み
③ダム開発@日本
④ナイル河の水は誰のものか?
⑤水道事業
▼第三部~分析・解決に向けて
一部・二部で学び、考えたことを整理・分析し、問題を解決するために何をすべきかについて参加型で考えるための手法を紹介。
▼実践紹介編
“水” をテーマにした小学校から大学での授業実践の他、地域の水環境をよりよくするために活動している人々のアクションを紹介。

↑ページトップへ

お問合せはこちらまで

ご寄付・教材に関するお問合せはこちらまでどうぞ

特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR) 
112-0002 東京都文京区小石川2-17-41 富坂キリスト教センター2号館3階
TEL: 03-5844-3630 FAX: 03-3818-5940 E-mail: miyazaki@dear.or.jp(担当:宮崎)


↑ページトップへ