DEAR 開発教育協会

d-lab2022 tags

5/9(月)まで!d-lab2022発表者募集

実践事例・研究報告、自主ラウンドテーブルで発表してみませんか?

今年で40回目となるd-lab(全研)は、2022年8月にオンラインで開催いたします。実践事例・研究報告、自主ラウンドテーブルでの発表者を募集します。ぜひ奮ってお申し込みください!

オンラインでの発表に関するご相談も受け付けますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

開催概要

  • 日時:2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
  • 会場:オンライン会議ツール(ZOOM)を利用します
  • 参加費(予定): 一般6,000円 会員3,000円 学生2,000円 高校生以下 1,000円
  • 対象: 開発教育・国際協力・ESDの実践者、学生、研究者、ほかテーマに関心のある方
  • 定員:200名程度
日程プログラム(予定)
1日目
8月5日(金)
開会式、全体会
2日目
8月6日(土)
実践事例報告&自主ラウンドテーブル ※企画募集中!
分科会
交流会(自由参加)
3日目
8月7日(日)
実践事例報告&自主ラウンドテーブル ※企画募集中!
分科会
閉会式、ふりかえり会

自主ラウンドテーブル企画

時間:70分(質疑応答含む)
日時: 8月6日(土)午前、7日(日)午前

開発教育・国際理解教育・地球市民教育に関するテーマで他の参加者と意見交換を行なう「自主ラウンドテーブル」を企画・進行する人を募集します。試作教材の発表や、特定のテーマについての討論会など、形式は自由です。自分の教材やプログラムについて、多くの方から意見をもらいブラッシュアップするチャンスです。ぜひ、お申込みください。

<昨年の例→全10プログラム(1日目はこちら、3日目はこちら)>
・海洋プラスチック問題とわたしたちの生活
・開発教育における対話型鑑賞(VTS)活用の可能性
・大学生が考えた「SDGsすごろくゲーム」体験

実践事例・研究報告企画

時間:30分(質疑応答含む
日時: 8月6日(土)午前、7日(日)午前

開発教育・国際理解教育・地球市民教育、その他関連の領域における日頃の研究や実践の成果を報告してください。他の実践者・研究者とのディスカッションを通して、実践・研究活動をより深めるチャンスです。是非、お申込みください。

<昨年の例→全8プログラム(1日目はこちら、3日目はこちら) >
・生徒による校内ジェンダー意識調査からの学び
・国際協力NGOによる広報活動に関する一考察

申込方法

申込者は、当日配付用プログラムの原稿として、
①氏名
②題名(テーマ)
③内容紹介文(400字程度)
④その他(発表日時のご希望など)を、ファクス、メール、またはウェブフォームから5月9日(月)までに開発教育協会宛にお送りください。
Fax: 03-3818-5940 E-mail: d-lab#dear.or.jp(#を@に変換)

申込みが多い場合は調整のうえ、お断りする場合もございますので、あらかじめご了承ください。なお、申込みは開発教育協会会員に限ります。
※会員でない方は、新規に入会することでお申込みいただけます。

お申込み前にご確認ください

  • 自主ラウンドテーブル、実践事例・研究報告ともに、発表者は別途d-labへの参加申込が必要となります。参加申し込み受付は6月開始を予定しています。
  • 会場(ZOOMのリンク)は主催者が提供します。接続環境(インターネット)や機器(PCやイヤホンマイクなど)は発表者各自でご用意ください。

ご相談・お問合せ

申込みにあたって、ご相談などありましたら、お気軽にDEARまでお問い合わせください。皆さまのお申込をお待ちしております。
担当:岩岡・中村
Fax: 03-3818-5940 E-mail: d-lab#dear.or.jp(#を@に変換)