DEAR 開発教育協会

教材カタログ tags

10月は「世界食料デー」月間!おすすめ教材・リソース

DEARは今年も「世界食料デー」月間に賛同しました。
10月は「食」の問題の解決に向けて、みんなでアクションする1か月です!

「食」をテーマに授業やイベントを実施するチャンス

開発教育の教材には、「食」を入り口にわたしたちと世界、特に「南」の国とのつながりに気づき、「より公正で持続可能な食のあり方とは?」と考えるきっかけとなるものが多くあります。また、参加型の学習スタイルで学ぶことで、生徒・参加者は多くの気づきを得ることができるでしょう。

このページではDEARやNGOが発行しているおすすめの教材をまとめてみました。「食」から知り・考えるための授業やイベントづくりにお役立てください。

「世界食料デー」月間とは?

「食」の問題の解決に向けて、声を上げ、行動することが当たり前の社会をめざして

10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて一緒に行動する1ヵ月です。日本では2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、日頃から飢餓や食料問題の解決に向けて活動するNGO/NPO、国連機関が共同で情報発信を行っています。飢餓や食料問題についてわかりやすく伝えるチラシの配布やウェブサイトの運営、誰でも気軽に参加できるイベントの開催などを行っています。

「何かしたい」という人たちが 一歩踏み出すきっかけになるように

今、世界では、すべての人が食べられるだけの食料は生産されているのに、10人に1人が十分に食べられていません。日本も含む国際社会は、2030年までに「飢餓をゼロに」することを約束しましたが、さまざまな課題が相互に関係し合い、複雑になっている飢餓や食料問題の解決には、たくさんの人の協力が必要です。「世界食料デー」月間の10月に、あなたも一緒に行動しませんか。

(出典:「世界食料デー」月間公式ウェブサイト

世界食料デーとは?

国連が定めた「世界の食料問題を考える日」

国連が定めた「世界の食料問題を考える日」です。世界の一人ひとりが協力しあい、最も重要な基本的人権である「食料への権利」を現実のものにし、世界に広がる飢餓、栄養不良、極度の貧困を解決することを目的としています。毎年、世界食料デーの前後には、食料問題に関する国際的な政策を話し合う「世界食料安全保障委員会(CFS)」が開催されるほか、世界各地でイベントが実施されます。

(出典:「世界食料デー」月間公式ウェブサイト

7つのおすすめ教材&リソース

写真で学ぼう!「地球の食卓」ワークショップの様子

1.写真で学ぼう!「地球の食卓」学習プラン10

世界24カ国30家族の食卓の写真を活用した大人気の写真教材。文化の多様性・エネルギー・グローバリゼーションなど、さまざまなテーマで展開することができます。消費者教育教材資料表彰「内閣府特命担当大臣賞」受賞。(対象:小学生~/DEAR) →詳しくはこちら

2.フードマイレージ-どこからくる?私たちの食べ物

「地球の食卓」のシリーズ教材。食料自給率とフードマイレージに焦点を当てたワークショップ教材。実施には1の「地球の食卓」の写真が必要です。(対象:小学生~/DEAR ) →詳しくはこちら

3.開発教育基本アクティビティ集1-世界とのつながり

シンプルで取り組みやすい4つのアクティビティを収めています。「グローバリゼーション」はどこか遠い世界で起こっていることではなく、わたしたちの日常生活の中に入り込み、自分も、教室の中も世界とつながっているのだ、という気づきを得ることができます 。(対象:小学生~/DEAR)→ 詳しくはこちら

4.コーヒーカップの向こう側~貿易が貧困をつくる?!

わたしたちが飲むコーヒーはどうやって生産され、どうやってわたしたちの手元に届くのか?生産者はどんな暮らしをしているのだろう?フェアトレードを知るきっかけに。(対象:中学生~/DEAR)→ 詳しくはこちら

5.動画「のこりものがたり」

「いただきます!」「ごちそうさま!」 世界中で、きょうもみんなが食事をしています。 おむすびくんは、みんなが何を食べているのか知りたくてなって、旅に出るのですが…。「世界食料デー」月間キャンペーン作成の約5分のアニメーション動画です。

6.イラスト素材

「世界食料デー」月間キャンペーンが作成した世界の食料ロス・廃棄の現状について、イラストでまとめたものです。直感的に現状を理解できるすぐれもの!印刷をして、授業や展示などにご活用ください。 →詳しくはこちら

7.ほかにもいろいろ‥!

「世界食料デー」月間キャンペーン公式サイトには、優れた教材・地図・リソースが多数紹介されています。 ぜひ、ご活用ください!
http://worldfoodday-japan.net/tool/