DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの会員になる DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

ニュースレター「DEARニュース」バックナンバー

年に5回、開発教育の最新情報や実践に役立つ情報を発信しています。バックナンバーは販売しています。

  • 年5回発行(2、4、6、8、10月)
  • A4判、16頁
  • ¥540(税込み)
  • 会員の方には最新号を一部無料でお届けしています(バックナンバーは会員の方も有料です)。
  • DEARへの入会申し込み方法はこちらのページでご案内しています。

最新号 DEARニュース 178号(2016年8月)

DEARニュース 178号(2016年8月) DEARニュース 178号(2016年8月)

■特集:あなたの町を「フェアトレードタウン」に!~日本で3番目のタウン認定を受けた逗子市の取り組みから
磯野 昌子さん(逗子フェアトレードタウンの会)
■学校で開発教育:「未来の家庭科教師」と一緒に開発教育
たなかかずえ(大学非常勤講師)
■各地から:
・北海道「SDGsを下敷きに地域目標づくり」
・関東「ブラジルへの教師海外研修-国内研修はじまりました」
・関西「報告!DEAR京都美山フィールドスタディーからの5年」
・四国「四国朝鮮初中学校との交流」 ■海外から:タニトモの家族で世界旅行記[前編]
■実践事例報告:多文化防災ワークショップ-防災を通じて多文化共生について考えよう
菊池佳哲(多文化防災ワークショップ制作チーム)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→ こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:弁護士・明日の自由を守る若手弁護士の会
武井由起子さん

DEARニュース 177号(2016年6月)

DEARニュース 177号(2016年6月) DEARニュース 177号(2016年6月)

■特集:安保法制と私たち-紛争現場の現実と私たちの暮らしの観点から
谷山 博史(NPO法人日本国際ボランティアセンターー/JVC)
■学校で開発教育:「グローバルシティズンシップ科」のチャレンジ
松倉 紗野香(埼玉県上尾市立東中学校)
■各地から:
・関東「国際協力はじめの一歩!」を開催します
・関西「インドシナ難民からはじまった多文化共生社会への第一歩」
・四国「国際交流地区民運動会・国際料理教室」
・沖縄「オキナワ物語の教材化を目指して」
■海外から:連載第5回 ケニア・子どものための拘置施設=リマンドホームから「戻るべきでない場所」
■実践事例報告:人身取引について「知る、考える」
松本 謡子(ワールド・ビジョン・ジャパン)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→ こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:アフリカ理解プロジェクト代表
白鳥 くるみさん

DEARニュース 176号(2016年4月)

DEARニュース 176号(2016年4月) DEARニュース 176号(2016年4月)

■特集:「他者を困らせないため」の金融教育-フェア・ファイナンス・ガイドの活用を軸に
田中 滋(NPO法人アジア太平洋資料センター/PARC)
■学校で開発教育:「ボラバス」から「希望フェス」へ-屈託のない生徒交流から生まれる広がり
中野 卓弥(横浜隼人高等学校国際語科)
■各地から:
・北海道「さっぽろ自由学校『遊』25周年記念事業を開催」
・関東「この村には宝が埋まっている-小さな村の国際教育」
・関西「図書館との協働」
・四国「道徳の授業-君たちを憎まない」
■海外から:連載第4回 ケニア・子どものための拘置施設=リマンドホームから「戻るべきでない場所」
■実践事例報告:18歳選挙権-政治の役割について考える
三宅 典子(岡山後楽館高校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→ こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:元・夜間中学教育
澤井 留里さん

DEARニュース 175号(2016年2月)

DEARニュース 175号(2016年2月) DEARニュース 175号(2016年2月)

■特集:宇都宮大学「外国人生徒入試」実施の背景と主旨
田巻 松雄(宇都宮大学国際学部)
■学校で開発教育:開発教育との出会いからESDの実践へ
設楽 正敏(北海道江別市立野幌若葉小学校)
■ブロックだより:
・東北「被災者支援活動から備蓄推進へ」
・関東「グローバル人材とグローバル市民を考える」
・関西「縮小社会研究会のご紹介」
・中国「被爆70年、市民社会から2つのフォーラム開催」
■海外から:連載第3回「ケニアの子どもたちに映る日本の姿」
■実践事例報告:異文化ジレンマ体験ゲーム「クロスロード・ケニア」
高野 剛彦(神戸市立楠高等学校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→ こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:反レイシズム情報センター(ARIC)代表
梁 英聖さん

DEARニュース 174号(2015年10月)

DEARニュース 174号(2015年10月) DEARニュース 174号(2015年10月)

■特集:市民がつくりだす社会へ-日本のいま、私たちのこれから
第33回開発教育全国研究集会 全体会・パネルトーク採録
■学校で開発教育:開発教育がもたらすパワー
石森 広美(宮城県仙台二華高校)
■ブロックだより:
・特別編「原爆展からの学び-場づくりという社会参加」
・四国「四国で国際教育の風を創ろう-教師海外研修OB会」
■海外から:連載第2回「ケニア 子どものための拘置施設=リマンドホームから」
■実践事例報告:「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
熊坂 真輝(NPO法人ハンガー・フリー・ワールド)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→ こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:フリースペースたまりば理事長
西野 博之さん

page top

DEARニュース 173号(2015年8月)

DEARニュース 173号(2015年8月) DEARニュース 173号(2015年8月)

■特集:戦後70年‐未来のために今できる「きっかけ」づくり
神 直子(NPO法人ブリッジ・フォー・ピース代表理事)
■学校で開発教育:これが、わたしの国際協力
東峰 宏紀(北海道北広島市立双葉小学校)
■ブロックだより:
・東北「美しさ と私たち」
・関東「国際理解教育実践セミナー in 筑波」 ・関西「今年の関西NGO大学はスゴイ!」
・四国「朝鮮学校との交流」
■海外から:新連載「ケニア 子どものための拘置施設=リマンドホームから」
■実践事例報告:「世界の中のパレスチナとイスラエル」ワークショップ
丸山まり子(地球市民フォーラムなら/開発教育研究会)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:出張フェフ「きまぐれや」
吉田 友則さん

page top

DEARニュース 172号(2015年6月)

DEARニュース 172号(2015年6月) DEARニュース 172号(2015年6月)

■特集:自然エネルギーを日本の基幹電源に
大野 輝之(公益財団法人自然エネルギー財団 常務理事)
■学校で開発教育:進学校での試行錯誤-「地球市民」を育むには?
田中 めぐみ(京都女子中学校高等学校)
■ブロックだより:
・東北「ファシリテーター講座 基本のき」
・関東「青年を育てるYMCA運動」 ・関西「世界の中のパレスチナとイスラエル」ワークショップ
・四国「国際交流地区運動会」
・中国「化石堀りでふるさとの過去・現在・未来を考える」
■海外から:連載第5回「ヨーク大学院留学記~イギリスに学ぶ地球市民教育」
■実践事例報告:「このTシャツはどこからくるの?」ファッションの裏側にある児童労働の真実
召田 安宏(NPO法人ACE)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■ネパール大地震-緊急・復興支援の現場から

page top

DEARニュース 171号(2015年4月)

DEARニュース 171号(2015年4月) DEARニュース 171号(2015年4月)

■特集:八ツ場ダム問題の今後
嶋津 暉之(水源開発問題全国連絡会共同代表)
■学校で開発教育[番外編]:フリースクールで開発教育
能條 申子(NPO法人フリースペースたまりば・スリースペースえん)
■ブロックだより:
・北海道「北海道より春のお便り」
・東北「再考、さいこう、サァイコウ 国際理解教育・開発教育2015」
・関東「モスク見学会を実施しました」 ・関西「教材“わたしん家の食事から カードゲーム版”が完成しました」
・四国「JICA開発教育指導者研修会」
■海外から:連載第4回「ヨーク大学院留学記~イギリスに学ぶ地球市民教育」
■実践事例報告:「ニホンジン」とは誰のことか~「多文化共生」を読み解くために考える実践
松本 裕典(はままつ国際理解教育ネット)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:フォトジャーナリスト
山本 宗補さん

page top

DEARニュース 170号(2015年2月)

DEARニュース 170号(2015年2月) DEARニュース 170号(2015年2月)

■特集:「知っている子」の困りごとから子どもの貧困を考える
栗林知絵子(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 代表)
■学校で開発教育:開発教育の単元作り
細谷 賢吾(新潟県長岡市立宮本小学校)
■ブロックだより:
・東北「宿泊キャンプを通して考える食の問題」
・関東「開発教育教員セミナー(応用編)が行われました」 ・関西「ネルソン・マンデラの対話法に学ぶ平和構築ファシリテーション」
・中国「ふるさと丸ごと体験コーディネーター共育プロジェクト」
・四国「開発教育の授業実践を学び合いたい」
■海外から:新連載「ヨーク大学院留学記~イギリスに学ぶ地球市民教育」
■実践事例報告:福島の家族会議 After 3.11
日下部 喜美子(船と翼の会ふくしま)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:NPO法人ReBit代表理事
藥師 美芳さん

page top

DEARニュース 169号(2014年10月)

DEARニュース 169号(2014年10月) DEARニュース 169号(2014年10月)

■特集:第32回開発教育全国研究集会シンポジウム
「100人村」から、今、考える持続可能な開発/講演者:池田香代子さん
■学校で開発教育:きっかけはスリランカ!「国際理解」からステップアップ・小学生でも「国際協力」!
本間 紘(鶴岡市立朝暘第三小学校)
■ブロックだより:
・東北「学校との連携によるプログラム作り」
・関東「タンザニア教師海外研修に同行して」 ・関西「JICA教師海外研修OB会の取り組み」
・中国「平和教育ワークショップ―教室から平和が始まる」
・四国「『国境なき芸能団』笑福亭鶴笑さんの活動」
■海外から:新連載「ヨーク大学院留学記~イギリスに学ぶ地球市民教育」
■実践事例報告:「海辺村の未来は?」を用いた授業~市民社会に求められるスキルとは
根岸 富男(神奈川県立横須賀高校定時制)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:アーティスト
ますやま 理人さん

page top

DEARニュース 168号(2014年8月)

DEARニュース 168号(2014年8月) DEARニュース 168号(2014年8月)

■特集:日中関係の雪解け目指し、さあ市民社会の出番だ
沢村 亙(朝日新聞社)
■学校で開発教育:私がインドネシアに導かれた理由
畑中 剛(青森県立南部工業高等学校・建築科)
■ブロックだより:
・東北「留学生と貿易ゲーム」
・関西「通信制高校での試み」
・中国「ヒロシマでルワンダを見つめて
・四国「夢を追ってアフリカからやってきた野球少年」
■海外から:新連載「ヨーク大学院留学記~イギリスに学ぶ地球市民教育」
■実践事例報告:懐かしい未来・ラダックから学ぶ
磯野 昌子(かながわ開発教育センター)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:編集者
出口 綾子さん
表紙:新教材「水から広がる学び」ワークショップを開催

page top

DEARニュース 167号(2014年6月)

DEARニュース 167号(2014年6月) DEARニュース 167号(2014年6月)

■特集:「やさしい日本語」による情報伝達
岩田 一成(聖心女子大学文学部准教授)
■学校で開発教育:世界とつながろう スリランカ実践日記
舟山 康貴(山形県・長井市立西根小学校)
■ブロックだより:
・東北「世界がもし100人の村だったら ワークショップを開催」
・関東「開発教育セミナー(基礎編)を開催!」
・関西「今年も“共に創る”開発教育セミナーを開催します」
・中国「平和教育のシナリオづくり‐わたしの物語・わたしたちの物語」
・四国「大学生による国際交流運動会 見事成功!」
■海外から:番外編「ネパール子連れ旅」磯野昌子&葦生
■実践事例報告:「メコン川の恵みと開発」開発の影響を受けるのは・決めるのは誰?
八木亜紀子(開発教育協会)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:東京外国語大学博士課程・NPO法人スーダン障害者教育支援の会
モハメド・オマル・アブディンさん
表紙:3月29・30日に横浜で「教材体験フェスタ2014」を開催しました

page top

DEARニュース 166号(2014年4月)

DEARニュース 166号(2014年4月) DEARニュース 166号(2014年4月)

■特集:ヘイトスピーチから見えてくるもの~日本国内のレイシズムとどのように向き合うべきか?
金 光敏(NPO法人コリアNGOセンター事務局長・教育コーディネーター)
■学校で開発教育:「開発教育」にまつわる3つの転機とこれからのFukushima
吾妻 久(福島県立須賀川高校)
■ブロックだより:
・北海道「マレーシアでコミュニティづくりを学ぶ」
・東北「世界を知ろう!学生出前授業」
・関西「フェアトレードの理念と実際 開催報告」
・中国「バレンタイン直前のチョコっと美味しいワークショップ」
■海外から:連載第5回・最終回「カリブ海の小さな島、セントルシア」
■実践事例報告:「世界一大きな授業」すべての子どもたちに教育を。みんなが動けば世界は変わる。
竹内佳子(私立武蔵野東小学校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:『はるまち』編集部 編集・制作スタッフ
小林さよさん
表紙:3月1・2日に「第10回開発教育全国ネットワーク会議」を開催しました

page top

DEARニュース 165号(2014年2月)

DEARニュース 165号(2014年2月) DEARニュース 165号(2014年2月)

■特集:おきなわ語と唄三線で感じ、考える多文化・多言語国家ニッポン
比嘉光龍(ふぃじゃ・ばいろん)さん講演録
■学校で開発教育:思い立ったら即行動!夢は米沢ならではの開発教育
折笠由香里(米沢市立第二中学校)
■ブロックだより:
・関東「横浜で開発教育教員セミナーを行いました」
・関西「開発教育ファシリテーター スキルアップ研修」
・四国「道徳教育と開発教育」
・中国「平和都市広島から考える持続可能な開発のための教育」
・中国「岡山にもDEAR-HOUR!」
■海外から:連載第4回「カリブ海の小さな島、セントルシア」
■実践事例報告:完成間近!「わたしん家の食事から2」現役高校生と一緒に考えた教材リニューアル
大槻一彦(高校教員/Glocal net Shiga)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:熱意が活動の場をつなぐ
及川いずみさん・大沼文香さん・南郷恵珠(IVYyouth)
表紙:南ア「ヨハネスブルグ会議」に事務局長の中村が参加しました

page top

DEARニュース 164号(2013年10月)

DEARニュース 164号(2013年10月) DEARニュース 164号(2013年10月)

■特集:第31回開発教育全国研究集会基調講演「デンマークの教育とPBL」
アネッテ・コルモス(オルボー大学)、伊藤通子(富山高等専門学校)
■学校で開発教育:自己形成・他者との共生・社会理解の「人間科」
吉井充代(広島なぎさ中学校・高等学校)
■ブロックだより:
・東北「IVY youthワールドわんぱくデイキャンプ~水をテーマに開催」
・関東「子ども特別プログラム~世界を見てみよう!「」
・関西「地域コミュニティがつくる水の未来」
・四国「国際理解教育セミナーin徳島」
・中国「平和を考える若手アーティスト集団 Project NOW!」
■海外から:連載第2回「カリブ海の小さな島、セントルシア」
■実践事例報告:駆け抜けた男~孫基禎氏の人生
鷹觜洋子(岩手県立不来方高校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:発信する“誰か”になる
山岡万里子さん(ノット・フォー・セール・ジャパン代表/翻訳者)
表紙:第31回開発教育全国研究集会in富山を開催しました

page top

DEARニュース 163号(2013年8月)

DEARニュース 163号 DEARニュース 163号

■特集:パプア・チョコレートの挑戦~カカオで豊かな未来を切り拓く
野川未央(特定非営利活動法人APLA)
■学校で開発教育:「144人村」顛末記
中園真由美(東京都立農芸高校)
■ブロックだより:
・関東「海外研修にファシリテーターが同行」
・関西「関西セミナーハウス開発教育セミナー 始まりました!」
・四国「プールや上履きにびっくり!韓国・高敞南小学校と楽しいスカイプ交流」
・中国「もっと話そう!エネルギーと原発のこと ワークショップを広島で開催」
■海外から:連載第2回「カリブ海の小さな島、セントルシア」
■実践事例報告:教材『女の子にはチカラがある~未来をつくるジェンダー教育』で学ぶ
奈良崎文乃・工藤成美(プラン・ジャパン)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:あきらめないで社会を変える
孔 連順さん(神奈川朝鮮学園オモニ会連絡会代表)
表紙:全国7カ所で「もっと話そう!エネルギーと原発のこと」ワークショップを開催

page top

DEARニュース 162号(2013年6月)

DEARニュース最新号 DEARニュース最新号

■特集:ダムとメコン河、そして日本~色あせた青写真と決別するためには
木口由香(特定非営利活動法人メコン・ウオッチ)
■学校で開発教育:グローバル社会に生きる力を育てる開発教育
山本康夫/仁愛女子高等学校・英語科
■ブロックだより:
・北陸「北海道より!はこだて自由学校【月曜舎】が開校しました」
・関東「ワークショップ・世界がもし100人の村だったら開催!」
・関西「日本語と英語併記のパーム油について考える教材作りました」
・四国「国際交流地区運動会&ワールド屋台」
・中国「参加型でおこなうスタディツアー報告」
■海外から:連載第1回(新連載)「カリブ海の小さな島、セントルシア」
■実践事例報告:わたしたちの村を発展させよう!水道・電気・道路から考えた「発展」ってなに?
下辻孝美(川崎市立宮前平中学校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「母めし」で社会を元気に
大久保久江さん(株式会社やまもり代表)
表紙:5月11日(土)に「国際教育教材体験フェアin滋賀」が開催されました

page top

DEARニュース 161号(2013年4月)

DEARニュース 161号(2013年4月) DEARニュース 161号(2013年4月)

■特集:TPPとは何か?
大野和興(ジャーナリスト)
■学校で開発教育:生徒も教師もわくわくできる家庭科の授業をつくりたい
鈴木裕子/福島県立川俣高等学校
■ブロックだより:
・北陸「北陸三県開発教育担い手会議は10回目を迎えました」
・関東「ニューホライズン 開発教育の視点」
・関西「おかげさまで10才になりました!」
・四国「モンゴルの研修旅行を教材に」
・中国「ワークショップ『援助する前に考えよう』開催」
■海外から:連載第5回(最終回)「ダルの街角から」
■実践事例報告:先住民族アイヌとESD-“シコツの500年”を体験する
渡邉圭(北海道開発教育ネットワーク)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「考える素材」を提供する編集者として
大江 正章さん(コモンズ代表)
表紙:第9回「開発教育全国ネットワーク会議」を横浜で開催しました

page top

DEARニュース 160号(2013年2月)

DEARニュース160号 DEARニュース160号

■特集:開発教育協会30周年記念フォーラム・池澤夏樹さん基調講演
「本当に持続は可能なのか?~文明の根源的な条件を考える」
■学校で開発教育:「環境市民教育」をめざして
羽角章/神奈川県立川崎高校
■ブロックだより:
・東北「インターナショナルスマイルコレクション2012 in Winter」
・関東「変わる世界と国際理解教育」
・北陸「今夏、全研は富山で!皆さん、来てください」
・四国「地域国際化ステップアップセミナー in 四国」
・中国「お話とワークショップ~先住民族アイヌとESD」
・沖縄「ブラジル・サンパウロの日系人とともに」
■海外から:連載第4回「タンザニアからJUMBO!~命を感じる」
■実践事例報告:英国のフェアトレード教材から考える 開発教育×フェアトレード
浜田祐子(かながわ開発教育センター理事/コーヒー物語プロジェクト)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:大切なものに視点を合わせて
纐纈 あやさん(記録映画監督)
表紙:東京で30周年記念フォーラムを開催しました

page top

DEARニュース 159号(2012年10月)

DEARニュース 159号 DEARニュース 159号

■特集:平和教育と開発教育の接続
竹内 久顕(東京女子大学)
■学校で開発教育:大学生の核リテラシーを育むESDの実践
関口知子/南山大学
■ブロックだより:
・北海道「大事な仲間たちとの学び合い」
・関東「福島弁で広がる絆」
・関西「ついに10年目!開発教育連続セミナー」
・北陸「毎週火曜の夜は…」
・中国「福島県外での放射能リテラシーを考える」
・四国「国際理解教育セミナー」
■海外から:連載第3回「タンザニアからJUMBO!~タブちゃんの音楽」
■実践事例報告:Visible Thinking Workshop~思考を可視化するワークショップ
東宏乃(共育ファシリテーター/大学教員)、菊池敦子(ワークショップ企画コーディネーター)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:ユースが芽吹かせる多文化共生
宮が迫ナンシー理沙さん(チルドレンズ・リソース・インターナショナル代表)
表紙:東京で第30回開発教育全国研究集会を開催しました

page top

DEARニュース 158号(2012年8月)

DEARニュース158号 DEARニュース158号

■特集:教育・非営利活動における「参加型評価」の可能性
田中 博(参加型評価ファシリテーター)
■学校で開発教育:「かるちゃんぷる部」と開発教育
織田雪江/同志社中学校・高等学校
■ブロックだより:
・東北「FKG米沢の2012年度の活動は?」
・関東「どうぶつしょうぎ国際交流大会!」
・関西「市民と政府が意見交換する場を~TPPを考えよう」
・四国「国際協力の風を創る会」
■海外から:連載第2回「タンザニアからJUMBO!~アクション!」
■実践事例報告:カップめんから世界が見える
WE21ジャパン開発教育部会メンバー
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:徳島とザンビアで持続可能な地域社会を目指して
吉田修さん(TICO代表/自称兼業農家・外科医)
表紙:チェコで開催された開発教育サマースクールに参加しました

page top

DEARニュース 157号(2012年6月)

DEARニュース157号 DEARニュース157号

■特集:原発、そもそもどこから?どこへ?
日本で使われるオーストラリア産ウランの産出現場(「エネルギー勉強会連続セミナー」報告)
■学校で開発教育:盲学校で開発教育
青松利明/筑波大学附属視覚特別支援学校
■ブロックだより:
・北海道「アイヌ副読本をめぐって」
・東北「IVYのユースチームから8名が“教材体験フェスタ”に参加!」
・関東「開発教育指導者セミナーを行います」
・関西「『身近なことから世界と私を考える授業Ⅱ』出ました!」
・四国「地元と世界も元気にしようプロジェクト」
■海外から:新連載・第1回「タンザニアからJUMBO!~ダルの車窓から」
■実践事例報告:読めないお知らせ
田中祥一(K-DEC)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:闘う、発信するコンビニ・オーナー!
近藤菊郎さん(全国FC加盟店協会理事・首都圏支部支部長/コンビニ店店長)
表紙:300人が参加した「教材体験FESTA2012」

page top

DEARニュース 156号(2012年4月)

156号(2012年4月)号 156号(2012年4月) 付録「子どもとできる創造的な学級づくり」

■特集:エネルギー教育と環境教育~その変遷と課題
萩原豪(鹿児島大学)
■学校で開発教育:言葉だけ教えていてもだめ!小学校日本語クラスの教室から
吉川陽子/安城市立作野小学校日本語適応指導教諭
■ブロックだより:
・関東「物から心へ~半年という時間」
・関西「第12回グローバル教育研修会」
・四国「絆・東日本大震災から1年~地球のステージ震災特別編」
・中国「アースカレッジin県大&模擬国連広島大学」
■海外から:第6回「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■実践事例報告:ルワンダってどんなとこ?援助ってどんなこと?
清水千絵
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:被写体の立場に立って
林典子さん(フォトジャーナリスト)
表紙:静岡・浜松で「はままつグローバルフェア」が開催されました

【付録教材】「子どもとできる創造的な学級づくり~実践のヒント」
※2012年度会員の方に同封してお届けしています

page top

DEARニュース 155号(2012年2月)

155号

■特集:加速するサラワクの油ヤシ開発
峠 隆一(ジャーナリスト)
・油ヤシの「グリーンラッシュ」
・「伐採のほうがまだましだ」
・土地も権利も手放さない企業
・価格高騰で拡大するプランテーション
・プランテーション化する先住民
・岐路に立たされる先住民
■学校で開発教育:マラウイで得た使命とエネルギー
香川ゆかり/広島県立大門高等学校
■ブロックだより:
・東北「ユネスコ・世界のお料理フェスタ」
・関東甲信越「フェアトレードまつり 大盛況!」
・関西「映画“ミツバチの羽音と地球の回転”上映会」
・関西「奈良災害支援ネット、がんばっています」
・中国「参加型で広島・ヒロシマを学ぼう」
・四国「高知のいなか、黒潮町にモンゴルの先生たちがやってきた!」
■海外から:第5回「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■実践事例報告:移民した人々から学ぶ「多文化共生」~教材『CHAMPURREANDO』を活用して
伊波郁・我如古香奈子(沖縄開発教育研究会)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:“自覚的に選択する力”を家庭科で育てる
南野忠晴さん(大阪府立高校家庭科教員)
表紙:秋田ユネスコ協会主催で「世界のお料理フェスタ」が開催されました

【付録教材】「もっと話そう!原発とエネルギーのこと」
※2011年度会員の方に同封してお届けしています

page top

DEARニュース 154号(2011年12月)

154号

■特集:先住民族をめぐる課題とESD教材
田中治彦(立教大学ESD研究センター、上智大学、DEAR評議員)
■学校で開発教育:国語の先生が国際理解?
磯貝純/札幌啓北商業高校
■ブロックだより:
・北海道「夕張というまちのもつ価値と魅力に触れる」
・東北「2011ワークショップ勉強会」
・中部「団体立ち上げ、静岡でがんばります!」
・関西「ネットワークの力ってすごい!」
・中国「ユニセフのつどい~守りたい、子どもの命と未来」
・四国「外国の先生と一日中一緒に過ごしました」
・沖縄「レッツスタディ!ワールドウチナーンチュ」
■海外から:第4回「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■実践事例報告:「小野中ESDチーム」35時間の授業
竹内よし子(えひめグローバルネットワーク)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:若手社員の声からはじまった復興支援
櫻田かよさん・大竹清華さん(凸版印刷株式会社)
表紙:夕張の歴史・自然・人々に触れて学び合う交流合宿

page top

DEARニュース 153号(2011年10月)

153号

■特集:オルタナティブな教育と開発教育
里見実(教育学者)×谷口康代(小学校教員)
■学校で開発教育:地理教育と開発教育と
長谷川正利(桐蔭学園高校・中学校)
■ブロックだより:
・東北「バニヤンツリーユースプログラム・楽しく学ぼう世界のあれこれ」
・関東甲信越「長野県に転居しました」
・関西「開発教育連続セミナー 今年もスタート!」
・中国「参加型のオリジナル平和学習教材づくり、現在進行中」
・四国「高知市で国際理解教育セミナーを開催」
・沖縄「第3回開発教育ブラッシュアップ講座」
■海外から:第3回「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■実践事例報告:子どもも大人も一緒に「おやつで元気!」
木下ゆり(静岡英和学院大学短期大学部)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:多文化共生のまちづくりを目指して
小島祥美さん(愛知淑徳大学准教授)
表紙:東京で第28回開発教育全国研究集会を開催しました

page top

DEARニュース 152号(2011年8月)

152号

■特集:東日本大震災からはじまる学び
八木亜紀子(開発教育協会)
■実践事例報告1:東北STAND UP-東日本大震災わたしの気持ち
鷹觜洋子(岩手県立不来方高等学校)
■実践事例報告2:震災から考える国際協力と私たち
石森広美(宮城県仙台東高等学校)
■ブロックだより:
・北海道:教材『先住民族とESD』が完成しました
・関東甲信越:地域からフェアトレードを考える
・中部:「写真で学ぼう!地球の食卓」でつながる静岡の輪
・中国:東日本大震災についてのワークショップ
・四国:第15回四国NGO研修
■海外から:第2回「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:同時代を生きる世界の人々のことを知ってほしい
ジギャン・クマル・タパさん(海外在住ネパール人協会日本支部)
表紙:静岡で「写真で学ぼう!地球の食卓」ワークショップが開催されました

page top

DEARニュース 151号(2011年6月)

151号

■特集:世界をめぐる電子ごみ/小池菜採(アジア太平洋資料センター)
■学校で開発教育:新しい教科「多文化理解」でフィリピンと出会う
角田仁(都立小山台高校定時制)
■ブロックだより:
・北海道:市民による支援ネットワーク「むすびば」誕生
・関東甲信越:想像力と危機感
・関西:未来のエネルギーをどうするのか
・中国:感じる・向き合う子どものアートから読み取る平和のためのWS
・沖縄:沖縄移民から世界とのつながりを考える
■海外から:新連載「旧知の隣人 中国 伝統と変化が共存する日々」
■実践事例報告:「マジカルバナナ」小学生バージョン by 地球の木
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:走れることはとても幸せなこと
森村ゆきさん(PARACUP代表理事)
表紙:第7回開発教育全国ネットワーク会議を開催しました

page top

DEARニュース 150号(2011年4月)

150号:第7回開発教育全国ネットワーク会議を開催しました

■特集:東日本大震災からの「問い」とは何か?
湯本浩之(立教大学特任教授/開発教育協会副代表理事)
■学校で開発教育:基礎をつくる小学校での開発教育
秦さやか(中野区立新井小学校)
■ブロックだより:
・関東甲信越:千葉YMCA国際理解教育セミナー開催
・東北:秋田初!地球の食卓
・関西:国際教育教材体験フェアin滋賀
・中国:大学生がオリジナル教材でワークショップ
・四国:教師海外研修実践報告会
■海外から:「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」最終回
■実践事例報告:高校生によるマニフェスト・リクエスト
風巻浩(神奈川県立麻生高校/首都大学東京非常勤講師/K-DEC運営委員)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■東日本大震災へのとりくみ
表紙:第7回開発教育全国ネットワーク会議を開催しました

page top

DEARニュース 149号(2011年2月)

149号:徳島で開催されたTICO合宿で森・水・食を学びました

■特集:開発教育とフード・マイレージ
中田哲也(農林水産省/ウェブサイト「フードマイレージ資料室」管理者)
■学校で開発教育:「沖縄的」開発教育を目指して
我如古香奈子(沖縄県立高校教諭)
■ブロックだより:
・北海道:地域をもっと元気にする調査法
・関東甲信越:国際協力の現場でのジレンマから開発教育の実践を考える
・東北:3団体が連携し中学校で授業
・関西:京都美山フィールドスタディに参加して
・中国:山口から世界を考える高校生仲間
・中国:国際理解教育・開発教育ワークショップ
・四国:インターナショナルフェスタ徳島2010
■海外から:「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」
■実践事例報告:もしも私が世界の大統領になったら
プラン・ジャパン、プラン・フレンズ
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:店舗と商品を使って広める社会課題
秋山映美さん(株式会社ラッシュジャパン・キャンペーン担当)
表紙:徳島で開催されたTICO合宿で森・水・食を学びました

お詫びと訂正(2011-2-16)
ニュースレターに同封の「イベント情報」において、以下の日程が誤っていました。お詫びして訂正いたします。
(1) 国際教育教材体験フェアin滋賀 (誤)2月20日(土)→(正)2月19日(土)
(2) (誤)長崎/ジェンダーから見るカンボジア→(正)福岡/ジェンダーから見るカンボジア

page top

DEARニュース 148号(2010年12月)

147号:東京で第28回開発教育全国研究集会を開催しました

■特集:南アフリカの人々との20年
津山直子(アフリカ日本協議会理事/関西大学客員教授)
■学校で開発教育:「体験的活動」から広がる授業へ
原郁雄(長野県駒ケ根市立赤穂東小学校)
■ブロックだより:
・北海道:名古屋で紋別産廃問題をアピール
・関東甲信越:とちぎグローバルセミナー2010
・関西:アフガニスタンは今
・四国:どこにいても「地球市民」
■海外から:「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」
■実践事例報告:高校生が挑戦したアクティビティ作り
大槻一彦(京都市立堀川高等学校)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:人と人をつなぐオルタナティブな旅
山田和生さん(株式会社マイチケット会長)
表紙:「ダッカと新宿の現場から考える」シリーズがはじまりました

page top

DEARニュース 147号(2010年10月)

147号:東京で第28回開発教育全国研究集会を開催しました

■特集:オルタナティブな経済と開発教育
西川潤(早稲田大学名誉教授)
■学校で開発教育:クラス作りは社会作り・仲間作りは未来作り
金子玲子(さいたま市立岸中学校)
■ブロックだより:
・関東甲信越「明日を担う世代のための国際理解セミナー」
・関西「ファシリテーターを目指して活動中!」
・中国「対立から学ぶワークショップ」
・四国「開発教育・国際理解教育夏期セミナー」
■海外から:「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」
■実践事例報告:コーヒーモノガタリ/コーヒーとフェアトレードをめぐって
織田雪江(同志社中学校・高等学校教諭)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:情報を整理して必要な人のもとへ
加藤佳代さん(あーすぷらざ外国人教育相談コーディネーター)
表紙:東京で第28回開発教育全国研究集会を開催しました

page top

DEARニュース 146号(2010年8月)

146号:アジア学院で「グローバリゼーション」をテーマに研修を開催しました

■特集:なぜ開発教育が“足もと”の課題に取り組むのか
岩崎裕保(帝塚山学院大学/DEAR代表理事)
■学校で開発教育:下北発 開発教育
南澤英夫(青森県立むつ工業高校)
■ブロックだより:
・北海道「グリーンツーリズムで地域の資源を活かす」
・関東甲信越「YMCA地球市民育成プロジェクト2010」
・関西「“足もと”から考えるわたしたちの社会」
・中国「広島発の教材づくり」
■海外から:「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」
■実践事例報告:夏休み親子フィールドスタディ
田中祥一(会員)&息子(中学生)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:差別も偏見も解決できる
清野賢司さん(TENOHASHI事務局長)
表紙:アジア学院で「グローバリゼーション」をテーマに研修を開催しました。

page top

DEARニュース 145号(2010年6月)

145号:東京で教材体験FESTA2010を開催しました

■特集:18歳成人と市民教育
田中治彦(上智大学/DEAR評議員)
■学校で開発教育:広い世界へつながる「クッキングアラカルト」
小野行雄(神奈川県立高校)
■ブロックだより:
・関東甲信越「アイヌの向こうの新潟?」
・関西「ポーポキと一緒に平和を創り出す集会」
・中国「表現アートで学ぶ平和の創り方」
・四国「○○×ESD!」
■海外から:新連載「21世紀初の独立国!東ティモール・ロロサエ通信」
■実践事例報告:ワールドカップ・南アフリカ大会で授業
井手將夫(高校教員/グローバル・エクスプレス・タスクチーム)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:アジア・アフリカの手仕事に魅せられて
小松和彦さん(小松クラストスペース代表)
表紙:東京で教材体験FESTA2010を開催しました

page top

DEARニュース 144号(2010年4月)

144号:滋賀フィールドスタディ・外国籍住民が取り組む環境活動と地域参画の試み

■特集:国際連帯税をめぐる世界・日本の動き
田中徹二(アシスト共同代表/オルタモンド事務局長)
■学校で開発教育:大学におけるESDの実践
富田和広(県立広島大学)
■ブロックだより:
・北海道「紋別での熱い2日間」
・東北「ハイチについての勉強会」
・関東甲信越「英語で紹介する開発教育セミナーも開催」
・関西「滋賀発、多文化共生の地域社会づくり」
・中国「高校生が先住民の言語を交えて体験記を作成」
・四国「生協×ESD!」
■海外から:連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:市民教育として環境の授業
羽角章(高校教員/新しい環境教育をつくるネットワーク代表)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:ブラインドサッカーを通じてコミュニケーションを考える
松崎英吾さん(日本視覚障害者サッカー協会事務局長)
表紙:滋賀フィールドスタディ・外国籍住民が取り組む環境活動と地域参画の試み

page top

DEARニュース 143号(2010年2月)

143号:有機農業実践家・須藤登さんに学ぶ持続可能な農業と環境in有田

■特集:核兵器のない世界に向けて
黒澤満(大阪女学院大学教授/大阪大学名誉教授)
■学校で開発教育:授業を充実させるために開発教育を使う
小藤俊樹(横浜市立金沢中学校)
■ブロックだより:
・北海道「アイヌ民族に関する教材づくり進行中」
・北陸「富山発ファシリーテーター入門講座開催」
・関東甲信越「川崎・富川高校生フォーラム・ハナが顕彰受賞」
・関西「和歌山フィールドスタディを実施」
・中国「模擬国連と開発教育」
・四国「国際協力、まずは参加してみよう」
■海外から:連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:カンボジアワークショップ「貧困層ってどんな人?」
国際ボランティアセンター山形(IVY)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:英語と国際交流で社会に貢献していきたい/大河原友子さん(IYEO会長・英会話スクール主催)
表紙:有機農業実践家・須藤登さんに学ぶ持続可能な農業と環境in有田

page top

DEARニュース 142号(2009年12月)

142号:全世界で1憶7千万人が立ち上がった「STAND UP TAKE ACTION」キャンペーン

■特集:MDGsミレニアム開発目標の実現に向けて
  なぜ市民は立ち上がり、行動するのか
■学校で開発教育:再燃した灯を消さないように
川上誠(公文国際学園高等部)
■ブロックだより:
・北海道「本物の体験にまさる体験なし」
・北陸「第3回参加型学習セミナー」
・関東甲信越「栃木のフェアトレード」
・関西「小さな地球市民を応援したい!」
・中国「なんとも不思議な優れものロケットストーブ」
・四国「小学校の外国語活動と開発教育」
■海外から:連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:トイレの窓から世界が見える
いわて国際理解教育研究会
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:全ての子どもたちが人生の主役に/スザナ・ヴァルゴヴィッチさん(クロアチア「ブレザ」代表)
表紙:全世界で1憶7千万人が立ち上がった「STAND UP TAKE ACTION」キャンペーン

page top

DEARニュース  141号(2009年10月)

141号:仙台で第27回開発教育全国研究集会を開催しました

■特集:くらしと世界をむすぶ学び
  第27回開発教育全国研究集会シンポジウム
■学校で開発教育:岡本有未(私立明星学園中学校)
■ブロックだより:
・東北「開発教育全国研究集会in仙台を終えて」
・関東甲信越「国際理解教育セミナーを開催します」
・関西「貧困・公害・多文化共生・フェアトレード~開発教育セミナー紹介」
・中国「地球市民教育塾ひろしま9月定例会報告」
・四国「ESDミーティング香川」
・九州沖縄「沖縄と世界、今日と未来をつなぐとき」
■海外から:連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:地球の水ものがたり~命の水が遠ざかる国
(特活)WE21ジャパン開発教育部会
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:一票を投じられる公正な社会を/金宗洙さん・柳榮鉉さん(在日本大韓民国青年会)
表紙:仙台で第27回開発教育全国研究集会を開催しました

page top

DEARニュース 140号(2009年8月)

140号:世界フェアトレード・デーinいわて

■特集:模擬選挙の可能性とその意義~模擬選挙の現場を訪問して
  林大介(模擬選挙ネットワーク事務局長)
■学校で開発教育:丸山まり子(奈良県安堵町立安堵小学校)
■ブロックだより:
・北海道「9月にオホーツク・エコツアーを開催します」
・関東甲信越「夏休み!教員のための国際理解指導者セミナー」
・関西「多文化共生のための国際理解教育・開発教育セミナー」
・中国「平和ファシリテーターの最初のいっぽ」
・四国「ジュニア国際大学の開催」
・九州沖縄「熊本より国際教育活動だより!」
■海外から:連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:カタストロフォイ katastrofoj(エスペラントで“大災害”の意)
~防災の視点で多文化共生をシミュレーション/浜松市・多文化共生プロジェクトチーム
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:魚はまさに自然の恵み/和田一彦さん(株式会社亀和商店代表取締役社長)
表紙:アジア保健研修財団(AHI)のボランティアとスタッフのみなさん

page top

DEARニュース 139号(2009年6月)

139号:世界フェアトレード・デーinいわて

■特集:本当にできるの?「子ども参加」-子どもの参加を促すガイド
  田中幸子(ERIC国際理解教育センター)
■学校で開発教育:松田剛史(北海道教育大学付属旭川中学校)
■ブロックだより:
・関東甲信越「多文化共生をテーマに教材づくり」
・関西「DEAR大阪・運営委員会で今年も始動」
・中国「アースデイ@瀬戸内2009-エネ自慢だよ全員集合」
・九州沖縄「コミュニティコミュニケーション・サポートセンター活動スタート」
■海外から:新連載「ルワンダ-アフリカのスイス・世にも稀なる常春の国の一年」
■実践事例報告:カルタ“わたしん家の食事から"
Glocal net Shiga+川崎功(小学校教員)+滋賀県国際交流協会
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:高里鈴代さん(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表)
表紙:世界フェアトレード・デーinいわて

page top

DEARニュース 138号(2009年4月)

138号:フィールドスタディin和歌山

■特集:日系人の大量失業~「もうひとつの派遣切り」の教訓
  樋口直人(徳島大学/移住労働者と連帯するネットワーク)
■学校で開発教育:仲間との関わりを育てる開発教育(広島市立宇品中学校)
■ブロックだより:
・北陸「北陸3県開発教育担い手会議in富山」
・関東甲信越「和やかセミナー・ミャンマーの布で針仕事」
・関西「初開催!フィールドスタディin和歌山」
・九州沖縄「世界一参加したい授業のおまつりに2700人」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~第6回エチオピアから
■実践事例報告:パレスチナでいま起きていることを知り、考える
木下理仁(かながわ開発教育センター)
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:佐々木和之さん(ルワンダREACH「修復的正義と和解プログラム」担当職員)
表紙:フィールドスタディin和歌山

page top

DEARニュース 137号(2009年2月)

137号~:浜松で多文化共生の教材をつくる水島さんと仲間たち

■特集:地球温暖化を防ぐために社会の構造を作りかえよう~MAKE the RULEキャンペーン
 平田仁子(気候ネットワーク/MAKE the RULEキャンペーン)
■学校で開発教育:「手探りの開発教育実践」~北海道の中学校での実践
■ブロックだより:
・北海道「ESDを漁業・林業の視点から」
・北陸「ファシリテーター入門講座開催」
・関東甲信越「千葉で毎月セミナーを開催中」
・関西「ESDツアーでしめ縄作り」
・中国「いなからしさのはっけん!シリーズ田舎学1」
・九州沖縄「ちょー最高。生きてて良かったー」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~第5回日本から
■実践事例報告:「対立から学ぶ」を高校の授業で
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)→こちらのサイトから購入できます
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「食卓の向こう側を見つめて」フリーライター・「食卓の向こう側」記者・渡邉美穂さん
表紙:浜松で多文化共生の教材をつくる水島さんと仲間たち

page top

DEARニュース 136号(2008年12月)

136号~:4月の教材体験「ケータイの一生」、5月の「元気になる!平和ワークショップ」、大学生対象に実施した「貿易ゲーム」の様子です。

■特集:『闇の子どもたち』とブラジル会議~子どもに対する暴力
 甲斐田万智子(国際子ども権利センター・C-Rights)
■学校で開発教育:「数学で開発教育?!」~和歌山の高校での実践
■ブロックだより:
・北海道「ESDセミナー連続講座開催」
・北陸「昔ながらの手仕事を堪能した稲刈り祭り」
・関東甲信越「ベトナム国際協力訪問団に参加して」
・関西「DEAR大阪運営委員会“足もとから、地域から”をテーマに」
・九州沖縄「高校生が自ら企画する高校生のための国際ボランティアワークキャンプ in ASO!」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~ニジェールから
■実践事例報告:「飢える国・飽食の国」~NHKデジタル教材『地球データマップ』を活用して
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「人権・反差別のための出版人生」明石書店代表取締役社長・石井昭男さん

page top

DEARニュース 135号(2008年10月)

135号~:8月23・24日に開催された「第26回開発教育全国研究集会」の様子です。

■特集:「多文化共生」と教育を考える~スローガンとしての多文化共生を超えて
■学校で開発教育:「ケータイの一生をやってみて」~定時制高校での実践
■ブロックだより:
・北海道「私たちが担う~第2回ニサッタグスチャランケより」
・北陸「金沢で“対立から学ぶ"ワークショップ開催」
・関東甲信越「とちぎの人権・国際理解 夏学校2008
・関西「国際教育研究会 Global net Shiga」
・中国「瀬戸内の海と川を守るウォーク」
・九州沖縄「癒しの時間」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~エチオピアから
■実践事例報告:「フェアトレードから見る タイ、リス族の生活」
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「“いつもと違う”をつくる」芸術家と子どもたち代表・堤康彦さん

page top

DEARニュース 134号(2008年8月)

134号~:宮城県仙台市の尚絅学院高校で高校3年生の「国際開発と私たち」という科目を担当している白津祈恵子先生(社会科)です。

■特集:水俣病をどう伝えていくか~水俣病の半世紀・私たちとの関係
■学校で開発教育:小学校で開発教育を!~新米教師奮闘記
■ブロックだより:
・北海道「アイヌ アナクネ ピリカ!」
・北陸「参加型で変わった講演会・世界の散歩道」
・関東甲信越「多文化共生」をテーマに大学生がワークショップ
・関西「開発教育が広げる仲間の輪」
・中国「入門講座・開発教育ってなあに」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~英国から
■実践事例報告:「現代社会の教科書を使った“社会参加”の授業のための簡単なワークショップ」
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「新しい時代のアイヌ文化を創造していきたい」AINU REBELS代表・酒井美直さん

page top

DEARニュース 133号(2008年6月)

133号~:4月の教材体験「ケータイの一生」、5月の「元気になる!平和ワークショップ」、大学生対象に実施した「貿易ゲーム」の様子です。

■特集:私たちは先住民族~もうひとつのサミット、アイヌが主催する「先住民族サミット」
■学校で開発教育:シミュレーションゲーム「巨大魚が現れた」を作成した国際部員の学び
■ブロックだより:
・北海道「D-net新年度の活動始動」
・関東甲信越「新潟で開発教育講座を開催しています」
・関西「世界~地域~教室~私をつなぐ」入門シリーズを開催
・中国「タイム国際環境セミナー・アースデーとっとり2008」
・九州・沖縄「あたたかい学校とは?」
■海外から:世界各国をリレー・エッセイでつなぐアフリカ6つのお話~エチオピアから
■実践事例報告:「ハンバーガー・クイズ」
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:若者の「性」と「生」を守る 赤枝六本木診療所院長・産婦人科医・赤枝恒雄さん

page top

DEARニュース 132号(2008年4月)

132号~:北陸3県担い手会議で活動紹介をしたバングラデシュ友好教育支援の会の谷島さんと会議の様子です。

■特集:100人の村の未来を語ろう~ダグラス・ラミスさんを迎えて
■学校で開発教育:教員1年目で考えたこと~誰もが学びたい・考えたいと思える授業をめざして
■ブロックだより:
・北海道「改めて開発の意味を考える」
・東北「大学と連携して学習会を連続開催」
・北陸「年に1度のお楽しみ~北陸3県担い手会議」
・関西「10年で築いたつながりと学び」
・中国「中高生がファシリテーターに挑戦」
・おまけ「知ってる?アフリカのこと」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第6回「イギリスの楽しいフェアトレード・イベント」
■実践事例報告:「疑似体験で学ぶアイヌ民族の歴史~ティフ星人は、パセリを食べる」アイヌ民族バージョンの実践から
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人 「住む人が夢を語れる農山村へ」アジア農民交流センター・AMネット・松平尚也さん

page top

DEARニュース 131号(2008年2月)

131号~:12月に開催されたDEAR25周年記念パーティの様子です

■特集:ネグロス飢餓支援から「民衆交易」そして「地産地消」へ
■学校で開発教育:教室で、もっと時事問題を話そう!グローバル・エクスプレスを使って
■ブロックだより:
・北海道「開発教育のススメin道南」
・北陸「ファシリテーター養成講座準備中」
・関東「手をつなぐNPOの会・千葉活動再開」
・関西「地球環境と私たちの暮らしを考えるセミナー開催」
・中国「作って学び、食べて楽し 料理を通した国際理解教材作り」
・沖縄「環境に搾取されないネットワーク作りのために」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第5回「フェアトレード企業による開発教育」
■実践事例報告:「イス取りゲームで考える貧困」非正規雇用の増加や野宿者問題を考える入り口として
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「環境教育やESDを通じて"よく生きる"方法を習得していきたい」環境教育・ESDファシリテーター・木邑優子さん

page top

DEARニュース 130号(2007年12月)

130号~:全国4カ所でセミナーを開催したタン・ジョ・ハンさん

■特集:「チョコレートと児童労働」甘いチョコレートのビターな話
■学校で開発教育:地域のNPOと連携した定時制高校のとりくみ
■ブロックだより:
・北海道「開発教育・国際理解教育指導者研修会」
・北海道「ニサッタ・グス・チャランケ~明日のための話し合い~」
・関東「埼玉の取り組みの中ではじめの一歩」
・関西「他文化共生について学んでいくために」
・中国「開発教育担い手連携スキルアップ連続講座」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第4回「フェアトレードスクールから見える開発教育としてのフェアトレード」
■実践事例報告:「アジアと私たち」総合的な学習の時間を中心とした取り組み
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「大人が真剣に学んで発信しよう」NPO法人コモンビート副理事長・韓朱仙さん

page top

DEARニュース 129号(2007年10月)

129号~:8月に開催された第25回開発教育全国研究集会の様子です

■特集:「公共事業と市民参加」東京外郭環状道路のPIはどのようなものだったか
■学校で開発教育:平和を創る 沖縄修学旅行を通して
■ブロックだより:
・関東「横浜のモスク(イスラム教の礼拝所)を訪ねました」
・北陸「参加型学習入門セミナーを開催!」
・関西「今年も、国際教育セミナー盛況でした」
・中国「親子で"世界がもし100人の村だったら~世界の子ども編"体験!」
・九州・沖縄「KAPICセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)のご紹介」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第3回「フェアトレードタウンと市民の力」
■実践事例報告:「ひろがる格差」について考える~NHKデジタル教材『地球データマップ』の活用
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「戦争の被害者("平和の被害者"も)を助けるのは私たちの義務である」国境なきアーティストたち代表・エクトル・シエラさん

page top

DEARニュース 128号(2007年8月)

128号~:特別支援学校で英語教員として開発教育に取り組む安保訓子さん

■特集:新たな局面を迎えるアフリカの紛争ダイヤモンド問題
■学校で開発教育:「産業社会と人間」という科目
■ブロックだより:
・北海道「北海道国際協力フェスタ2007を開催しました」
・関東「まちなか・せかいネット-とちぎ海外協力NGOセンター-の設立」
・北陸「"グローバル・エクスプレス"のフォローアップセミナー開催」
・関西「"関西から発信!私たちのくらしとESD"が9月から始まります」
・中国「"ワールドゲーム"を鳥取で開催」
・九州・沖縄「コミュニケーションと開発教育」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第2回「NGO・開発教育の力でフェアトレードを広げよう」
■実践事例報告:「震災作文に学ぶ」学習 人権と差別について考える
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「核のない社会」の実現をめざす 核問題専門家・軍縮教育家・キャサリン・サリバンさん

page top

DEARニュース 127号(2007年6月)

127号~:鳥取における地域の国際化や多文化共生のコアとして、市民の立場から活動を続けるキップ・ケイツ&ケイツ佳寿子さん

■特集:子どもの権利ベース・アプローチで子どもはどう変わるか~カンボジアの事例から
■学校で開発教育:「これでいいのか」と悩みながらの教材作成
■ブロックだより:
・北海道「北海道で先住民族アイヌについて考えました」
・関東「新潟の"開発教育講座"」
・北陸「現実の支援の難しさ・・」
・関西「京都での開発教育入門セミナー、盛況でした」
・中国「中国ファイブとは?」
・九州・沖縄「復帰35年目の人間の鎖から思うこと」
■海外から:英国フェアトレード・ニュース 第1回「盛り上がるフェアトレードと開発教育」
■実践事例報告:国際人道法ってなに?人間としての最低限のルール
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:食べると、こころと体が「ゆるむ」 へっころ谷店主・古屋賢悟さん

page top

DEARニュース 126号(2007年4月)

126号~:山梨でNGO/NPOの政策提言活動に力を発揮する吉田さんです。

■特集:フィリピンで多発する「政治的殺害」
■学校で開発教育:DEARニュースから生まれた「難聴体験・要約筆記」の授業
■ブロックだより:
・北海道「D-netの合宿」
・関東「NGO/NPOが山梨県に提言」
・北陸「福井で第4回北陸3県開発教育担い手会議開催!」
・関西「2006年度神戸開発教育研究会の活動報告」
・四国「ぼくたちの学校が海を越えた」
・九州・沖縄「バングラデシュの子どもたちと一緒に!」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]最終回.先生自身の変化
■実践事例報告:グローバルエクスプレスセミナー 「憲法が、変わるかも。」
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「フィリピンと日本の戦争体験者を結ぶビデオメッセージ」 神直子さん

page top

DEARニュース 125号(2007年2月)

125号~:富山で活躍する竹中さん。もうすぐ青年海外協力隊でマラウイに!

■特集:そのお金はどこに行くのですか?
■学校で開発教育:関心をもつことの大切さ
■ブロックだより:
・北海道「植民地化と先住民族の歴史を学ぶ教材 作成中」
・東北「国際交流・協力者会議in 仙台 開催報告
・北陸「地域に広げる開発教育の楽しさ」
・関東「千葉県での新しい活動展開」
・関西「なら出会いウィークの今後は…
・九州・沖縄「自分自身を見つめ直す機会に」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]8.いじめに対する大人の役割
■実践事例報告:大切なものは何ですか?
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「文化、人、つながり 伝えたいその「豊かさ」タン吉澤絢子さん

page top

DEARニュース 124号(2006年12月)

124号~:現代に生きるアイヌ文化の伝承に取り組む

■特集:アジアに向かう資源ごみ―国際リサイクルの現状
■学校で開発教育:私と開発教育
■ブロックだより:
・北海道「開発教育ファシリテーター養成事業を実施中」
・北陸「グラフィックファシリテーションを学ぶ」
・関西「若者に期待する」
・四国「四国☆ユースネットワーク」
・九州・沖縄「鹿児島大学教育学部セミナー」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]7.アクティブ・リスニング
■実践事例報告:国際協力ってどんなことをするの?
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「トータルな世界像」を提示したい NHK「地球データマップ」ディレクター・窪田栄一さん

page top

DEARニュース 123号(2006年10月)

123号~:沖縄で平和共育に取り組む小学校の教員です

■特集:コンゴ民主共和国の人権侵害をつなぐもの
■学校で開発教育:身近な“お米”から世界を見つめる ―米ース(こめーす)をねらえ!
■ブロックだより:
・北海道「知床でアイヌの自然との関わりを知る旅」
・関東「埼玉のセミナー・夏」
・北陸「石川県の最近ォ動きから」
・関西「滋賀の地域に根ざした活動を進めたい」
・四国「夏の研修会」
・九州・沖縄「進行中『カンボジア写真教材作成事業~あなたの大切なものは何ですか?』」
■海外から:
 Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]6.昼休みのヒーロー ミディエイター
■実践事例報告:有機農業に大接近 グローバルに、ローカルに
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「バランスある図書をこどもたちに」むさしのスカーレット・野崎斐子さん

page top

DEARニュース 122号(2006年8月)

122号~:いきいきとした小豆島の実現をめざして活動する萩本さん

■特集:原発と教育
■学校で開発教育:主権者としてのトレーニング―憲法改正模擬投票
■ブロックだより:
・北海道「学生による多文化交流フェスティバル」
・関東「開発教育ってどんな味?」
・北陸「福井産のハンバーガーづくり」
・関西「関西 新ブロックコーディネーターからごあいさつ
・四国「小豆島ESDセミナー」
・九州・沖縄「沖縄移民教材、完成!」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]5.高校生と考える原子力の脅威
■実践事例報告:ビン君に何が起きたのか?
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「開発教育と障がいとエンパワメント」(特活)東京都中途失聴・難聴者協会・福田能文さん

page top

DEARニュース 121号(2006年6月)

121号~:難民のワークショップが好評。開発教育研究会で活躍の山中さん

■特集:いま、教育・学校が危ない―教育基本法をめぐって
■学校で開発教育:野宿者問題から社会と出会う
■ブロックだより:
・北海道「在日朝鮮と日本の高校生が語る『映画 de 開発教育』」
・関東「『地球の窓をひらいてみよう! in 新潟」実践事例集つくりました!
・北陸「新しいブロックコーディネーターです」
・関西「カマル・フヤルさん滞日中」
・中国「イスラム風刺画問題から学ぶ」
・四国「四国の大学で国際協力論の授業」
・九州・沖縄「タイの山岳民族と私たちの環境教育と国際理解学習」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]4.大切な学習環境作り
■実践事例報告:携帯電話の一生 私たちの消費の裏側で 後編
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「ムーブメント三線家」命(ぬち)どぅ宝ネットワーク代表・太田武二さん 

page top

DEARニュース 120号(2006年4月)

120号~:かながわ開発教育センター(K-DEC)の最年少会員

■特集:「ジェンダー」をめぐって
■学校で開発教育:初心者、ただ今迷走中 井出将夫さん
■ブロックだより:
・北海道「あらためてNGOと出会う」
・東北「開発教育東北ブロック連絡会議」
・関東「「国際理解教育・開発教育指導者セミナー」を開催」
・関西「2005年度の開発教育委員会の活動」
・中国「国際人道法ワークショップを開催」
・四国「アットホームが売りです」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]
■実践事例報告:携帯電話の一生 私たちの消費の裏側で 前編
■Resources(書籍、教材、ウェブサイトなどのご紹介)
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「行動のきっかけ」をつくりたい 映像制作者・加藤久美子さん 

page top

DEARニュース 119号(2006年2月)

119号~:韓国から研修生がやってきました。ハングル版「ワークショップ版世界がもし100人の村だったら」を手に

■特集:外国籍生徒の高校進学支援に取り組む「たぶんかふりーすくーる」
■学校で開発教育:迷うための開発教育 小野行雄さん
■ブロックだより:
・北海道「教材は子どもたちへの影響をしっかり見据えたものであるべき」
・東北「フェアトレードフェア in アルヴェ」
・関東「高校生がNGOに出会うとき」
・北陸「身近なモノから世界を知ろう」
・中国「「有機農業」をテーマに1泊2日の体験ワークショップを開催」
・四国「2006年の夢・誓い・願い!」
・九州・沖縄「色々な可能性を見いだした国際協力・交流のワークショップ」
■海外から:Hell ! NYの仲間たち[絵乃のNY滞在記]
■実践事例報告:“まち”づくりワークショップ
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:社会を変えるのはあなた ―ホワイトバンドにかける思い 林達雄さん

page top

DEARニュース 118号(2005年12月)

118号~:100円ショップを切り口にした教材づくりが進行中

■特集:持続可能な社会をつくるために―エコとピースのオルタナティブ 田中優(未来バンク事業組合理事長)
■学校で開発教育:家庭科と開発教育―日常の授業に開発教育を盛り込む 楢府暢子さん
■ブロックだより:
・北海道「アイヌ民族と共につくりだす学び」
・東北「「地球のステージ」とワークショップ」
・関東「山形由美さんフルートチャリティコンサート」
・北陸「今後の方向性をみつめて」
・関西「フェアトレードを考える―持続可能な社会をめざして」
・四国「今、学校が力を入れていることは」
・九州・沖縄「沖縄(ウチナーンチュ)の声」
■海外から:インドネシアでESD-「NGO「ベニ・マタハリ」の活動
■実践事例報告:今起きている戦争と私たち―戦後60年を振り返って
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「日々の生活に幸せを感じる世界を願う」 安部芳裕さん

page top

DEARニュース 117号(2005年10月)

117号~:第23回開発教育全国研究集会を開催しました

■特集:受容こそが力になる ―HIV/エイズをめぐって 枝木美香
■学校で開発教育:開発教育から得られる滋養(パワー) 中野卓弥さん
■ブロックだより:
・東北「地域に必要とされる国際理解教育」
・関東「“餃子”パワー全開?! 開発教育ネットワークとちぎ」
・関西「多文化共生のための国際理解・開発教育セミナー開催」
・中国「県民活動ボランティアフェスティバル2005に今年も参画」
・四国「学校で行う国際理解教育・開発教育講座
・九州・沖縄「開発教育に役立つ写真展のお知らせ」
■海外から:PETA(フィリピン教育演劇協会)サマーワークショップinフィリピン2005
■実践事例報告:ECO・エコ省エネゲーム
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「地域からのオルタナティブな情報発信」 長野広美さん

page top

DEARニュース 116号(2005年8月)

116号~:青森で、インドで、多面的な活動を続けるメンバーです。

■特集:戦後60年目の歴史認識と戦争責任―私たちは当事者ではないのだろうか? 馬奈木厳太郎
■学校で開発教育:時事問題から広がる開発教育 高野剛彦さん
■ブロックだより:
・北海道「開発教育 in 函館!」
・東北「持続可能な社会をめざして」
・関東「フルートを楽しんで国際協力しませTIE 第二世代へ再構築」
・中国「今年も開催します! 国際協力フェスティバル(仮称)in山口」
・四国「持続可能な開発のための教育の10年 地域ミーティングin徳島
・九州・沖縄「鹿児島における地球市民教育のとりくみ」
■海外から:開発教育サマースクールの報告
■実践事例報告:まちづくりワークショップ 小値賀のインターナショナルを探せ
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:お坊さんとNGOをつなぐ 枝木美香さん

page top

DEARニュース 115号(2005年6月)

115号~:北海道で活発な動きをみせるD-netの運営委員です。

■特集:軍事作戦のなかで起きた津波―アチェの現状と復興 出口綾子
■学校で開発教育:ロールプレイで基地について意見する! 森田寿さん
■ブロックだより:
・北海道「熱気みなぎる若者たちが牽引」
・東北「青森の開発とつながる学習」
・関東「にいがたJICA―Kidsプロジェクト」
・北陸「石川で北陸3県開発教育担い手会議」
・中国「広島で開発教育の学びあいの場が復活!」
・九州・沖縄「「世界」と「ひとりひとり」を結びつける場」
■海外から:2005年度新設 英国の大学院のご案内
■実践事例報告:美ら海(ちゅらうみ)に基地がやってくる
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「自分なりの「愛国心」のかたち」ドキュメンタリー映画監督・海南友子さん 

page top

DEARニュース 114号(2005年4月)

114号~:福岡で「開発教育センター(仮称)」が結成!

■特集:日本の貧困―野宿者問題を考える 生田武志
■学校で開発教育:ワークショップ?!参加型?!・・って  浜本裕子さん
■ブロックだより:
・北海道「日本の植民地主義と開発教育」
・東北「みやぎDEネットが教材作り合宿」
・関東「神奈川から世界を知る」
・中国「ファシリテーターに挑戦」
・四国「メキシコ日本人学校で開発教育を」
・九州・沖縄「スマトラ沖地震を題材にワークショップ」
■海外から:チェンマイだより最終回「「される側」からみた援助」
■実践事例報告:野宿生活者から見える日本の社会
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:映画監督 飯田基晴さん

page top

DEARニュース 113号(2005年2月)

113号~:「四国NGOネットワーク」が立ち上がりました

■特集:世界が直面する地球温暖化問題 平田仁子(気候ネットワーク)
■学校で開発教育:「どのように生きていくか」を問う地理の授業づくり 小林正人さん
■ブロックだより:
・北海道「北海道教育大学で開発教育セミナー開催」
・東北「弘前で『国際理解教育指導者研修』が開催」
・関東「山梨もがんばってます!」
・北陸「地球のステージ、砺波(富山県)に根づく」
・関西「『つながり』を次年度に活かせ!」
・四国「高知県国際交流セミナーに中学生50人が参加」
・九州・沖縄「ベトナム環境保全グループとの合宿セミナー」
■海外から:チェンマイだより5「NGOで貿易ゲーム」
■実践事例報告:バーチャル・スタディツアーを通して考えるネパールの人権教育
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:KOREAこどもキャンペーン 筒井由紀子さん

page top

DEARニュース 112号(2004年12月)

112号~ブラジルで開発教育と出会い、広島で実践

■特集:「外国人=犯罪者」ってホント? 川上園子 アムネスティ・インターナショナル日本
■考えてみたいこと:教育基本法“改正”とひとり一人の「選択」
■ブロックだより:
・北海道「自分たちが変わること―「アイヌ民族」を取り巻く問題に取り組むために」
・東北「来年も東北ブロックの開発教育セミナーを開催」
・関東「開発教育・・・ささやかな感想」
・北陸「福井に開発教育のネットワークが誕生!」
・関西「8回目「なら出会いウィーク2004」に6000人が集う!」
・四国「小豆島で国際理解のキャンプを開催」
・九州・沖縄「秋以降福岡の行事は目白押し!」
■海外から:チェンマイだより4 「恵泉大・精華大のフィールドワーク」
■実践事例報告:メディアリテラシー 作ってみよう北朝鮮報道
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:本当のアフガニスタンを日本に伝えたい 神田カブール食堂 ハサニ・ユノスさん

page top

DEARニュース 111号(2004年10月)

111号~福岡で第22回開発教育全国研究集会「いのちを育む学び」が開催されました

■特集:「食料自給率が低いことがなぜ問題か」大野和興 農業ジャーナリスト
■学校で開発教育:自分をありのままに受け入れる―セルフエスティームによる生徒指導のアプローチ
■ブロックだより:
・北海道「途上国と地域の問題を重ねていける開発教育を」
・東北「福島で熱心な取り組み」
・関東「千葉で開発教育ミニフォーラム」
・北陸「海外研修を授業に生かすには・・・」
・中国「「いのち」を育む教育を広げよう」
・四国「子どもたちに開発教育の良さを体験させたい」
・九州・沖縄「8.13に考える」
■海外から:チェンマイだより3 「ストリートチルドレン」
■実践事例報告:スポーツウェア産業から世界の相互依存性を学ぶ
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:「文化のにない手として平和を発信」創作家具作家・安藤和夫さん

page top

DEARニュース 110号(2004年8月)

110号~大阪で英語教育を通して開発教育に取り組んでいます

■特集:「ボトルウォーター・ビジネスを考える」 佐久間智子 「環境・持続社会」研究センター理事/開発教育協会理事
■学校で開発教育:「主体を通して考える学び」が生きる力を養う 本山明さん
■ブロックだより:
・東北「進むJICAと地域のNGOとの連携」
・関東「『ピース・トーク・マラソンin千葉』の開催」
・北陸「キーワードは「持続可能な開発のための教育」」
・関西「和歌山に吹く開発教育の風」
・九州「あなたの『いのち』にリアリティはありますか?」
■海外から:チェンマイだより2 「モワキ村」
■実践事例報告:フィリピンの竹楽器「トンガトン」でみんなが主役!
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:非日常の中の日常を撮る・今岡昌子さん

page top

DEARニュース 107号(2004年2月)

■特集:「ミンダナオはなぜ貧しいのか」
■考えてみたいこと:「貿易ゲーム」か「トレーディングゲーム」か?~開発教育教材の著作権をめぐって
■ブロックだより:
 北海道・東北「地域と結ぶ地球市民」
 関東「つながるNGOと学校」
 中部・北陸「北陸三県開発教育担い手会議」
 関西「お寺で開発教育」
 中国・四国「開発教育人材育成セミナーの開催」
 九州・沖縄「開発教育全国研究集会が福岡で開催」
■海外より:キウイになりたい!南太平洋訪問紀(5)「社会を変える社会科」
■実践事例報告:「学校模擬投票」
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:フィリピン・日本協同製作映画の監督 今泉光司さん

page top

DEARニュース 106号(2003年12月)

■特集:「日本の難民問題を考える」
■学校紹介:特別編「韓国・プルム学校と環境農業村―地域とともにある学校」
■ブロックだより
■海外より:キウイになりたい!南太平洋訪問紀(4)「ヒップホップで伝える若者の声」
■実践事例報告:「大学生による総合学習―ゲームで開発教育~疑似体験で感じ、考える、「つながり」と「環境と貧困の悪循環」」
■Resources
■Event Information
■会員になりませんか
■DEARな人:教科書出版社・桐原書店―佐々木研さん、大熊篤夫さん、柿沼秀夫さん

page top

home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ