DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

基本解説 そうだったのか。SDGs

基本解説 そうだったのか。SDGs

SDGs市民社会ネットワーク発行の新刊!

■発行:一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク
■編集協力:開発教育協会(DEAR)
■2017年9月25日 A4判106頁
■価格:¥1,000+税(税込¥1,080)
■対象:教員、NPO/NGO、学生、研究者など

2017年7月のハイレベル政治フォーラムに向けた市民社会によるレポートなど、SDGsをめぐる最新情報、専門家による解説、資料が網羅された「基本解説」の決定版ともいえる一冊。

新発行! ご注文はこちらす
参考図書・資料一覧へ戻る
この教材を使ったワークショップの講師派遣

もくじ

第1部 持続可能な開発目標(SDGs)とは?

・策定の背景と経緯
・持続可能な開発のための2030アジェンダが意図すること

第2部 我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ

2015年9月25日第70回国連総会で採択。国連文書A/70/L.1(外務省による仮訳)
SDGs市民社会ネットワークで一部修正

第3部
SDGs の目標・ターゲット・指標と各目標の解説

SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)のサイトを開く 各分野のNPO/NGOによる解説<2017年7月31日現在>
解説執筆者
  • 目標1:貧困をなくそう 大橋正明(聖心女子大学、JANIC)
  • 目標2:飢餓をゼロに 柴田哲子(ワールド・ビジョン・ジャパン)
  • 目標3:すべての人に健康と福祉を 稲場雅紀(アフリカ日本協議会)
  • 目標4:質の高い教育をみんなに 柳澤孝浩(プラン・インターナショナル・ジャパン)
  • 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 城谷尚子(プラン・インターナショナル・ジャパン)
  • 目標6:安全な水とトイレを世界中に 高橋 郁(ウォーターエイドジャパン)
  • 目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
     足立治郎(グリーンエコノミーフォーラム)、遠藤理紗(JACSES)
  • 目標8:働きがいも経済成長も 田中 滋(アジア太平洋資料センター)
  • 目標9:産業と技術革新の基礎をつくろう 福林良典(道普請人)
  • 目標10:人や国の不平等をなくそう 田中徹二(グローバル連帯税フォーラム)
  • 目標11:住み続けられるまちづくりを 小池宏隆(Japan Youth Platform for Sustainability)
  • 目標12:つくる責任つかう責任 黒田かをり(CSOネットワーク)
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を 山岸尚之(WWFジャパン)
  • 目標14:海の豊かさを守ろう 道家哲平(国際自然保護連合日本委員会)
  • 目標15:陸の豊かさも守ろう 道家哲平(国際自然保護連合日本委員会)
  • 目標16:平和と公正をすべての人に 今田克司(日本NPOセンター、CSOネットワーク)
  • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう 大野容子(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
  • 第4部  持続可能な開発目標(SDGs)実施指針

    持続可能な開発目標(SDGs)推進本部決定<2016年12月22日決定>

    第5部  ハイレベル政治フォーラムに向けた日本市民社会によるレポート

    SDGsに関する日本の現状と政策・実施メカニズムの在り方<2017年7月7日発行>

    第6部
    SDGsを学ぶためのアクティビティ

    ワーク1 SDGsで遊ぼう
    ワーク2 身近な課題とSDGs
    ワーク3 SDGsの背景を知る
    ↑ページトップへ

    基本解説 そうだったのか。SDGs

    DEARの教材・書籍の利用についてお願い

    • 教材・書籍等の著作権は開発教育協会に帰属します。著作権法上の例外を除いて、教材・書籍等の全部または一部を無断で複製したり、転写・引用・入力などしないでください。
      参考:「著作権法上の例外」とは?(著作権なるほど質問箱/文化庁)
    • ワークシート等の複写による利用は、学術的な調査研究、「非営利」の教育・学習活動に限ります。例えば、学校の先生が、授業で使うためにコピーを作って児童や生徒に配布することは「著作権法上の例外」なので、問題ありません。
    • 教材・書籍等を利用して、非営利目的の講義や参加型学習プログラムを実施する際には、事前の広報資料や当日の配付資料、事後のレポート等に、使用する著作物の著作権者が当会であることを明示してください。印刷物やウェブページには、例えば、「当研修/講座で使用する教材/テキストは、開発教育協会(DEAR)発行の教材です。詳細はhttp://www.dear.or.jp/を参照してください。」等の表記をしてください。

    ↑ページトップへ

    home
    教材・資料
    イベント&ワークショップ
    講師派遣
    寄付する
    お問合せ