DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

レヌカの学び-自分の中の異文化に出会う <無料ダウンロード教材>

レヌカの学び-自分の中の異文化に出会う 2011年4月1日 ついに無料ダウンロード開始!
■原作:土橋泰子
■発行:開発教育協会
■初版発行協力:あおもり開発教育研究会/開発教育を考える会
■初版2004年8月2日、第2刷2007年1月30日、新版第1刷2011年4月1日
■価格:無料
■対象:小学生3年生以上

新版です ベストセラー
多文化共生や人権について考えるカードゲーム。
ネパール人のレヌカさんが、実際にネパールで暮らしていた時と日本に滞在していた時の行動や考え方の変化をもとに教材化した異文化理解教材です。 「国」というよりも「個人」の多様性を理解することができます。 他の文化のバージョンにも応用しやすいのが特徴です。
この教材は2004年の発行以来、有償頒布(1,800円)していましたが、開発教育活動や異文化理解の広がりを願い、2011年4月より無料配布といたしました。利用者の皆さまには、ぜひ、「ギブ&テイク」のお気持ちで、ご寄付や実践レポート、感想などのフィードバックをいただきますよう、お願い申しあげます。
教材一覧へ戻る  この教材を使ったワークショップの講師派遣

ねらい

  1. 知らず知らずのうちに、自分の中にできている「思い込み」「偏見」に気づく。
  2. 「レヌカの学び」は「自分の学び」であるということに気づき、異文化理解のカギは自分自身の中にあることを実感する。
  3. ネパールという「国」ではなく、レヌカさんという「個」の視点に寄り添っていく「学び」のあり方を追求しながら、多文化共生のために私たち一人ひとりにできることを考える。
↑ ページトップへ

教材の内容

レヌカの学びカード レヌカの自己紹介 解説書(ファシリテーター用)
レヌカの学びカード レヌカの自己紹介 解説書
A4横/2枚
9枚×2セット(ネパール/日本)
カラ―/両面
カードを切り分けてご利用ください
グループの数分ご用意ください
A4縦/1枚
カラ―/片面
グループの数分ご用意ください
A4縦/12頁
1)「レヌカの学びカード」の完成図
2)進め方
3)カードの解説とワークシート
↑ ページトップへ

この教材を使うみなさんへ-原作者よりメッセージ

レヌカの学び

私はよく「人境」という言葉を使います。人と人の間にあるのは「国境」ではなく「人境」だと。理解し合える場合もあればそうではない場合もあります。でも、一対一で真正面から向き合う勇気を持ち、人境を超えてみる。その過程を通して他人理解と自己理解が育まれていくと思います。「個」と向き合うことは「自分」と向き合うことではないでしょうか。一人の人との出会いから新しい世界が広がっていきます。その世界を分かち合いたいという思いをこめて、この教材を作りました。

ネパールから帰国後、講演を頼まれるたびに、どんなに視聴覚教材や展開を工夫しても、講義型では伝わる限界があることを悩んでいました。そんなとき開発教育の理念や手法に出会い、多くのヒントをもらいました。「レヌカの学び」は地域の開発教育の学びの中から生まれました。そして今回、発行するにあたり多くの方の協力をいただきました。今後は、皆さんとともにこの教材を成長させていきたいと思っています。(土橋 泰子)

↑ ページトップへ

実践レポート

 原作者による実践レポートを読む

実践者の声

ファシリテーターのアシスタントを担当した方から(2012年1月/栃木県)

各グループとも、熱心に、時には苦慮しながら、意見交換し、1枚1枚、判断している様子が見られた。「レヌカの学び」のねらいとして、「無意識にある固定観念・先入観に気付くこと」があるが、参加者の1人1人が少ない判断材料の中で判断することの難しさを感じ、そのことを通じて、「国や文化を通して人を見るのではなく、その人の背景をきちんと理解しようという気持ちがなければ、本当に人を理解することはできない」ということを実感している様子が感じられた。

「レヌカの学び」を通じて、「多文化共生とは、人間理解であり、相手に対する関心や積極的なコミュニケーションの上に成り立つものではないだろうか」ということを協働作業を通じて、参加者に感じてもらう機会をつくることができたように思う。

参加者の声

四日市国際交流センターでのワークショップから(2011年11月)

普段の生活の中では、自分の事で精一杯で他人にまで気をかけることが少なくなっているが、四日市国際交流センターへ来て、外国の人たちを目の当たりにして、その人たちの背景まで見るようになった。偏見や固執することなく関心を持つことが大切。始める前にネパールやレヌカについての情報を参加者に提供する際、すぐに答えに結び付くようなことにならない様にしないと考える余地がなくなるので注意。(国際交流センターグループリーダー)

自分自身の思い込みはとても大きなものだと思いました。レヌカの気持ち(日本・ネパール)を皆で話し合っていくうちに、「自分はこうだから」と自分自身の視点で考えていることに気づかされた。また、答え合わせをして、自分であたりまえと思っていたことがそうではなくて、とても驚いた。学習者さん(日本語学習生徒)が雨の日に「雨だから勉強行きません」とドタキャンしたのにも、その人なりのきちんとした理由があるのかも、と思います。学習者さんとボランティアさんがいきちがいやトラブルがあった時、「レヌカの学び」を受けていると、少しは先生の心持ちもちがってくるのでは?(国際交流センター職員H/30代女性)

多文化共生関係の仕事をする為に、言葉と知識がもちろん必要ですが、柔軟性がもっと必要だと改めて気付きました。 宗教、言語、環境、文化、価値観の差で、相手のことを知らない、理解しないうちに「先入観、思い込み」で判断し行動するのは異国に住んでいる外国人によくないと思います。(国際交流センター職員T/30代女性/中国出身)

「レヌカ」という人物像が「ネパール出身」という事と「自己紹介カード」からしか想像できず、「そんな少ない情報で判断しろと言われても‥」と思ったが、実際日常で関わる他人についてどれ程の事を自分は知っているのか、そしてその少ない情報で他人について決めつけ判断をしているのだと気付いた。自分は思っているほど他人の事を理解していないのだという気づきになりました。(国際交流センター職員K/20代女性)

実践者向け研修に参加者した先生たちの声(クリックで拡大表示)

別ウィンドウで拡大表示  別ウィンドウで拡大表示  別ウィンドウで拡大表示  別ウィンドウで拡大表示 
↑ ページトップへ

教材の入手方法

(1)郵送で入手する

500円分の切手を同封の上、「送付先住所(建物名もご記入ください)・お名前・連絡のつく電話番号またはE-mailアドレスをご記入のうえ」DEARまで封書でご請求ください。折り返し、1セット郵送いたします。
※複数部ご希望の方は、ご自身で複写してご利用ください。
<送付先>
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
特定非営利活動法人 開発教育協会/DEAR 「レヌカの学び」係

(2)ウェブからダウンロードする

以下の送信フォームに情報をご記入のうえ、送信してください。
折り返しダウンロード元のURLをE-mailでお送りします。なお、データはPDF形式となりますので、ご了承ください。
↑ ページトップへ

DEARの教材・書籍の利用についてお願い

  • 教材・書籍等の著作権は開発教育協会に帰属します。著作権法上の例外を除いて、教材・書籍等の全部または一部を無断で複製したり、転写・引用・入力などしないでください。
    参考:「著作権法上の例外」とは?(著作権なるほど質問箱/文化庁)
  • ワークシート等の複写による利用は、学習的な調査研究、「非営利」の教育・学習活動に限ります。例えば、学校の先生が、授業で使うためにコピーを作って児童や生徒に配布することは「著作権法上の例外」なので、問題ありません。
  • 教材・書籍等を利用して、非営利目的の講義や参加型学習プログラムを実施する際には、事前の広報資料や当日の配付資料、事後のレポート等に、使用する著作物の著作権者が当会であることを明示してください。印刷物やウェブページには、例えば、「当研修/講座で使用する教材/テキストは、開発教育協会(DEAR)発行の教材です。詳細はhttp://www.dear.or.jp/を参照してください。」等の表記をしてください。


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ