DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

スマホから考える世界・わたし・SDGs

スマホから考える世界・わたし・SDGs

お待たせしました!新教材できました

新キャラ:スマホン

■発行:開発教育協会
■企画・制作:
・大平 和希子(東京大学大学院)
・田中 滋(アジア太平洋資料センター)
・華井 和代(東京大学)
・小口 瑛子・八木 亜紀子(開発教育協会)
■イラスト:勝野真美
■2018年3月10日、A4判68頁
■一般価格:¥2,000+税
■会員価格:¥1,600+税
■対象:中学生以上
■助成:LUSHチャリティバンク、大阪コミュ二ティ財団
■ちらし:ダウンロードはこちらから

新発行! ご注文はこちらす
スマホを通して学ぶ「世界・わたし・SDGs」

アクティブ・ラーニング形式で学ぶ「世界・わたし・SDGs」

わたしたちが日常で使っている製品は、世界各地の生産地における、労働問題、人権問題や環境問題と密接につながっています。特に工業製品の場合、そのつながりは農産物や衣料品よりもさらに広範かつ複雑です。そして、生産工程が複雑で消費者の目から見えにくくなるほど、問題が看過される可能性は高まります。

本教材は、日本を含む世界各地で普及しているスマートフォン(スマホ)を取り上げることで、生産工程においてさまざまな問題をはらんでいる工業製品の事例を学び、責任ある消費者として、またより公正な社会をつくる市民としての意識を高めることを目的とします。

2つのねらい

▼教材の2つのねらい

1.グローバル経済のしくみと社会問題、自分とのつながりを理解する
わたしたちが身近に使っているあらゆるモノは、世界各地に散在する多くの原料供給地や生産地を経由し、製品となり、わたしたちの手元に届きます。スマホを題材に、見えにくくなっている生産工程を知ることで、グローバル経済のしくみとそこから派生する社会問題と、自分とのつながりを理解します。

2.消費者として、市民としての責任について考える
スマホが製造される工程で発生している人権問題などの事例と解決に向けた取り組みを知り、消費者として、また、市民として果たすべき責任を考えます。

スライド資料&写真のダウンロード

▼スライド資料&写真のダウンロード

※パスワードは教材(3頁)に記載しています。

▼お詫びと訂正:41頁

日本経済新聞記事の発行日の記載に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
(誤)2011年7月12日 → (正)2011年10月3日

教材一覧へ戻る  この教材を使ったワークショップの講師派遣 

「教材の一部を“立ち読み”してみる」コーナー

↑ページトップへ

生徒・参加者の感想

高校2年生の感想(2017年10月)
教員や一般の方などの感想(2017年12月)

上智大学での実践レポート(2018年1月)

上智大学での実践レポート
  • 公正な貿易と公平な貿易は違うものだと感じた。驚いたことは、企業の多くが自分たちの製品の過程や背景を知らないことが多いこと。倫理的な消費者が求められているが、その姿勢は企業にも求められることだと思った。
  • 世間の風潮としては少しでもコストを押さえておきたいというものがあるのかもしれないけれど、新聞に書いてあるような、どこから調達しているかわからなかったということが、なるべくなるなるようにしていかなければならないと思った。
  • 当たり前の日常を当たり前だと思わずに(食べ物、日用品などすべて)身近にあるものを今一度SDGsの17の目標と照らし合わせて考えるといったことなどは、これからも少しずつでもしていけたらと思いました。
↑ページトップへ

もくじ

ワーク1 スマホの歴史を紐解く(4コマ漫画)

今や生活必需品と思う人も少なくないスマホ。しかし、現在多くの人が使っているiPhoneが誕生したのは2007年のことで、日本でたくさんの人が使うようになったのは意外と最近のことです。そもそも、携帯電話が最初に登場したのは1985年。短い期間で急速な発展を遂げてきました。

4コマ漫画を使いながら携帯電話やスマホが無かった時代に思いを馳せ、急激な変化について考えてみましょう。 スマホ・クイズ

ワーク2 スマホとわたしたちの生活(四つの窓/スマホライン)

スマホを持っている人は、スマホがない生活を想像できますか?持っていない人は、どういう時に「スマホがあったらなあ」と思いますか?わたしたちにとって、スマホとはどういう存在なのか、考えてみましょう。2つのすすめ方を紹介しているので、対象者に合わせてやりやすい方を実施してください。

ワーク3 スマホ・クイズ

スマホ・クイズ

日本に携帯電話・スマホが浸透してきたこの20年。スマホは世界で、そして日本で、どのくらい使われているのでしょうか。これまでに廃棄されてきた携帯電話・スマホはどのくらいの数になるのでしょうか。携帯電話・スマホを取り巻くデータについて詳しく見てみましょう。

ワーク4 並べてわかる!スマホが手元に届くまで(カード)

スマホが製造され、消費者の手元に届くまでの工程を、カードを並び変えながら原料調達、部品製造と組み立て、流通の3つの観点から、理解します。サプライチェーンの基本的な流れを押さえるワークです。必要に応じて、廃棄の観点のカードを加え、実施することもできます。

ワーク5 原料の世界地図

スマホ一台の重さはたった200グラム前後。とても小さな機器なのに、その中にはインターネット、写真撮影、音楽視聴、スケジュール管理機能など多様な機能があり、パソコンとほぼ同じくらいのことができます。

この小さなカタマリの中に、どれくらいの数の、どんな部品が入っているのでしょうか。また、それらはどこから来ているのでしょうか。ここでは、「世界中から来る原料」と、ワーク6の導入としても使える「コンゴ民主共和国とのつながりを考える」の2つのすすめ方を紹介しています。

ワーク6 原料調達段階での問題「紛争鉱物をめぐる問題」(動画・写真・新聞記事)

スマホには、世界各国から来た数多くの鉱物が使われています。その鉱物の採掘現場は、どのような状況なのでしょうか。スマホをわたしたちにもたらしてくれる人々は、どのような人たちで、どんな暮らしをしているのでしょうか。DVD『スマホの真実』(PARC)または写真(以下からダウンロード)を使った2つのすすめ方を紹介しています。

※DVDはPARCで販売しています。購入してご利用ください。
アジア太平洋資料センター(PARC)Tel:03-5209-3455 E-mail:office@parc-jp.org

ワーク7 新聞記事から知るスマホを取り巻く問題(記事・見出しづくり)

「組み立て工場での人権問題」(ロールプレイ)

「紛争鉱物」をめぐる動きを受けて、2010年に欧米で紛争鉱物取引規制が導入されました。このことは、日本ではどのように報道され、また、日本企業にはどのような変化が起こったでしょうか?また、その後、「紛争鉱物」をめぐる問題は解決に向かったのでしょうか?

新聞記事を使いながら、課題解決に向けた世界の動きと、その難しさの両面について考えます。ここでは、「新聞記事づくり」と「見出しづくり」の2つのすすめ方を紹介しています。

ワーク8 製品製造段階での問題「組み立て工場での人権問題」(ロールプレイ)

精密機械であるスマホの大量製造を可能にしているのは、組み立て工場で働く多くの人々がいるからです。組み立て工場の多くはアジア地域にありますが、工場で働く人々やその関係者に、わたしたちの消費生活はどのような影響を与えているのでしょうか。

ワーク9 スマホから考えるSDGs

2015年9月「国連持続可能な開発サミット」が開催され、2030年までの目標となる「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。2000年に採択された、途上国の開発目標を定めた「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)とは異なり、先進国を含む全ての国に適用される普遍性が最大の特徴です。SDGsでは、「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を理念とし、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できる社会を目指すことが目標とされています。その重要な指針として17の目標(ゴール)が設定されました。

SDGsとわたしたちの生活、そして、SDGsとスマホを取り巻く問題は、どのようにつながっているのでしょうか。

スマホ・ラインをやる高校生

ワーク10 わたしたちにできること(ランキング)

これまで、スマホをめぐり、世界中に様々な課題が存在していることを学びました。わたしたちはスマホを利用する消費者です。それと同時に、自分や家族、親戚、友人の親戚などが、販売店・商社・製造メーカー・通信会社で働いているなど、様々な形でつながっていることも多いでしょう。

世界には、この問題に着目して動いている団体や人がたくさんいます。それでもまだ解決されていない問題が目の前にあります。現状を改善するためにはどうしたらよいか、一消費者としてだけではなく、多様な立場から出来ることは何かを考えてみましょう。2つのすすめ方を紹介しています。

↑ページトップへ

授業に役立つ!9のコラムを収録

  1. 使用済みのケータイ・スマホはどうしてる?~電子ゴミの廃棄とリサイクル
  2. 買い替えるしかない仕組み
  3. 紛争鉱物取引規制の意義と課題
  4. フェアフォンって?
  5. コンゴ民主共和国の紛争は「第二次世界大戦以来最悪」なのか?それとも
  6. 携帯・スマホの製造現場
  7. 日本企業の取り組み
  8. 企業に手紙やメールを書いてみよう
  9. デニ・ムクウェゲ医師の活動

お試しワークショップの様子

↑ページトップへ

授業に役立つリンク集

スマホから考える世界・わたし・SDGs
↑ページトップへ

授業に役立つ動画集

DVD『スマホの真実』予告編(2分50秒)制作:PARC

10年間でつくられたスマホ、71億台!(2分12秒)制作:グリーンピース・ジャパン

映画『女を修理する男』予告編(2分)制作:ユナイテッドピープル(cinemo)

↑ページトップへ
DEARの教材・書籍の利用についてお願い

DEARの教材・書籍の利用についてお願い

  • 教材・書籍等の著作権は開発教育協会に帰属します。著作権法上の例外を除いて、教材・書籍等の全部または一部を無断で複製したり、転写・引用・入力などしないでください。
    参考:「著作権法上の例外」とは?(著作権なるほど質問箱/文化庁)
  • ワークシート等の複写による利用は、学術的な調査研究、「非営利」の教育・学習活動に限ります。例えば、学校の先生が、授業で使うためにコピーを作って児童や生徒に配布することは「著作権法上の例外」なので、問題ありません。
  • 教材・書籍等を利用して、非営利目的の講義や参加型学習プログラムを実施する際には、事前の広報資料や当日の配付資料、事後のレポート等に、使用する著作物の著作権者が当会であることを明示してください。印刷物やウェブページには、例えば、「当研修/講座で使用する教材/テキストは、開発教育協会(DEAR)発行の教材です。詳細はhttp://www.dear.or.jp/を参照してください。」等の表記をしてください。


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ