DEAR 開発教育協会

スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック english site

DEARや開発教育に興味を持った皆さまのご応募・ご参加をお待ちしています。

DEARとサポーターの皆さまによる開発問題への取り組みをご紹介します。

DEARについて

基本アクティビティ7 「ロールプレイ」-自分とちがう立場の人を演じてみる

ロールプレイ

「ロールプレイ」とは

ロールプレイ(役割演技)というのは、実はかなり広い意味を持っている。しかし、ここでは、開発教育の手法として通常使われている、狭い意味でのロールプレイについて説明したいと思う。

シミュレーションが、ある事象をモデル化し、参加者がそれを擬似的に体験するものであるのに対し、ロールプレイでは、ある特定の(自分と違う)立場の人(場合によっては、動物やモノの場合もある)になったつもりで、ある問題について考え、それを表現するというところに特徴がある。

「ロールプレイ」の進め方のパターン

その1:参加者全員を登場人物の数にグループ分けし、それぞれのグループに配役する。

  1. 各グループに「役柄カード」を配り、よく読んで、グループ内でその役柄について話し合う。
  2. 各グループから1人、代表者を出し、グループ内での話し合いの内容に沿って、全員の前でそれぞれの役柄を演じ、意見を言う。
  3. 合意形成をめざし、全員で話し合う。
  4. 時間に余裕がある場合は、途中で話し合いを中断して課題を整理し、グループ毎に調査や話し合いを行った上で再開する。

その2:参加者の中から登場人物の数だけ代表を選び、他の参加者の前で演じる。

  1. 代表者に「役柄カード」を配る。
  2. 代表者は、「役柄カード」に沿って役柄を演じ、意見を言う。
  3. 登場人物(演じ手)による話し合いが決裂した状態でストップする。
  4. 各登場人物はどのような考えだったのか、参加者全員で話し合う。
  5. 解決策について、全員で話し合う。

ロールプレイのねらい

合意形成や他者受容などの能力を高める

「開発」か「環境」か(ゴルフ場開発と自然保護、ODA事業と地域の環境や住民への影響など)。「ボランティアする側」と「される側」。「親」と「子」…。立場の異なる者どうしの間での合意形成が必要な場面は、いたるところにある。「YES」「NO」という結論をぶつけ合うだけではなく、「では、どうしたらよいのか」を建設的に話し合うことが求められる。そのためには「YES」「NO」の主張の背景にあるさまざまな立場や考え方を理解しあい、お互いを受け入れなければならない。 ロールプレイは、このような合意形成や他者受容、そのためのコミュニケーションなどの能力を高めるためのトレーニングになる。

ある課題についての理解を深める

与えられた役柄(ロール)を演じ、話し合うためには、その役柄や扱っているテーマについての知識や想像力、情報が必要だ。また、話し合いを通して課題が明確になってくれば、さらに資料集めやインタビューなどを行うことによって、その課題についての理解を一層深めることがでる。

多様な社会集団の関係について理解を深める

ある一つの問題に対して、さまざまな社会集団(企業、行政、市民グループなど)が、多様な立場から関わりを持っている。ロールプレイでは、そのような集団どうしの関係やそれぞれの立場の違いについて、理解を深めることがでる。

↑ページトップへ

部屋の四隅 ブレーンストーミング ランキング
ディベート フォトランゲージ シミュレーション
ロールプレイ プランニング イメージマップ
タイムライン ゲーム 開発教育と参加型学習
参加型学習で世界を感じる-開発教育実践ハンドブック

ロールプレイって、たとえばどんなものがあるの?
詳しくは、『参加型学習で世界を感じる-開発教育実践ハンドブック』でご紹介しています!
詳しい紹介をみる

開発教育入門講座のページを開く

参加型学習を体験できる!毎月開催の「開発教育入門講座」

ワークショップとふり返りを通して「開発教育」をわかりやすくご紹介する講座を毎月1回・22日頃に開催しています。

開発教育の知識や経験はまったくなくてもOKです。 学生、NGOスタッフ・ボランティア、学校教員、開発関係者など、様々な方が参加しています。開発教育を知りたい方、実践したい方、DEARの活動に参加してみたい方、まずはお気軽に入門講座におこしください。